物を捨てたくなる時は人生の転機!あなたが輝き始める予兆!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

断捨離を自ら実践したり、誰かにすすめられたりしなくても、人はそのうち捨て始めます。

それは、何かに突き動かされるような衝動で、突然に始まることがあります。

周囲から見れば、それが異常にも見えるかもしれませんが、捨てる時は人生の大きな転機となっていきます。

あなた、もしくは身近な誰か。

突然に狂ったように捨て始めることがありませんか?

一般的な感覚で見れば、それは異常にも見える行動ですが、もっともっと大きな枠組みで見ていけば、おかしなことではありません。

スピリチュアルな力が高まって、これから大きなものを引き寄せようとしている準備段階です。

憑りつかれたように捨てる行動は、後からその意味が必ず理解できるように出来ています。

引き寄せの力が高まっていく

何かを引き寄せたい時には、必ず引き寄せるべきスペースが必要になります。

自分ではなぜそうしているのかわからなくても、突然に物を捨て始めるのは引き寄せの力を高めようという潜在意識の働きです。

これから何か新しいものを引き寄せたくて、運気を入れ替える準備を衝動的に行っています。

確実のこの行動によって、引き寄せの力は高まっていきますし、ブラックホールのようにあらゆるものを惹きつけていきます。

もちろん、いいものも悪い物も全て引き寄せるくらいの力を持ちますが、そこにかけるフィルターはその人の経験によって違ってきます。

ですが、引き寄せ始める準備であることは間違いありません。

人生は確実に変わっていく

人間の意識には、頭で考えて行動する顕在意識と、心の奥底で眠っている潜在意識とがあります。

物事を動かすのに大きな力を持っているのは、潜在意識のほうですが、普段は顕在意識によって抑えこまれています。

そこには、一般的なモラルや常識、植え付けられた価値観などが存在し、やりたいことも出来ないようになっています。

しかし、衝動的に物を捨て始めるということは、あなたが心の奥底で眠らせていた思いが打ち勝ったということ。

つまり、顕在意識で抑え込むことが限界に達し、潜在意識のパワーが発動し始めたということです。

人は、変わりたいという願望がありながらも、変わりたくないと堕落する二つの思いが常に存在します。

ですが、やりたいことができずにずっと抑え込まれていた感情は、いつかどこかで爆発してしまうもの。

その時に発揮される潜在意識の力というのは、とても大きなものです。

物を捨てたいという衝動は、あなたの本当の力が発揮され始めているということです。

本音で生きれるようになっていく

物を捨てたいという感情は、抑え込むのではなくて、そのまま衝動にのっていけばいいのです。

何も起こりはしないので、あなたが思った通りのやってみること。

そこには、あなたの潜在意識、あなたの本音が見えてきます。

それまでは、仮面をかぶってきれいごとを言っていたはず。

しかし、それだけでは耐えきれなくなって、あなたは本当のあなたで生きて行きたいと感じ始めているということです。

本音で生きることは、とても心地のいいことです。

捨てたいという衝動は、悪いことではないので、そのまま流れるままに進みましょう。

いいことが待っている

捨てたいという衝動によって、どんどん捨てていくことで、まわりの人たちはそれを止めようとするはずです。

しかし、その苦しみを乗り越えて、捨てていくことによって、必ずその先にはいいことが待っています。

空白を作ることは、いいことが舞い込むことの予兆で、人生の大きな転機です。

家の中、車の中、会社の中。

どこでも基本的には同じことです。

捨てることによって、必ずいいことだけが舞い込んで来ます。

それだけを楽しみにしながら、どんどん捨てていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。



コメントを残す

*