物を捨てたくなるのはなぜ?あなたの人生で大きな意味を持つ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

突然思い立ったように物を捨てたくなる時ってありますよね?

どうしてそのような感情が湧き上がってくるのでしょうか?

捨てたくなる衝動は、あなたの人生にとってとても大きな意味を持つのかもしれません。

これまでに持っていたものに、突然興味を失ってしまい、全て捨ててしまいたくなる。

何もかもが嫌になって、全部やめたくなってしまう。

そこには、あなたの隠された心理があり、人生を大きく変える深い意味があります。

捨てたくなる気持ちにあなたの本音が隠れている

捨てたいと思うのは、あなたがこれまでに築き上げてきたもの、大切だと思っていた価値観に変化が起こり始めている証拠。

持っていたものに価値を感じなくなり、そこに執着している自分がバカらしくなってきたのかもしれません。

認めたくないかもしれませんが、それもあなたの本音なのではないでしょうか。

本音で生きて行こう!

これまでは、それが正しいことだと思い、必死に維持しようと頑張ってきたことでしょう。

けど、どうしてもそこに価値が見いだせない、ただ辛いだけ、苦しいだけとなってきたことを実感し始め、手放すしかない事実を目の当たりにしているのでしょう。

それが、あなたの正直な意見であるため、仕方のないことでもあり、ごく普通の価値観の変化とも言えます。

正しさよりも心に従ってみよう

心の変化を認めよう

あなたが捨てたくなるということは、そこに固執し続けることが苦しくなっている、または、それによる支障が出始めているのではないでしょうか。

一度考え始めると、そのままの勢いで捨ててしまいたくなると思います。

それでも、それがあなたの本音なのですから、認めるしかありません。

人間の心は変化するものですし、気持ちは変わっていくものです。

生きていれば、当たり前に起こる現象ともいえるので、戸惑うことなく、心の変化を受け入れていきましょう。

それを認めることができれば、心は楽になり、またひとつ前に進むことができるでしょう。

捨てること、変わることは、何も悪いことではありません。

大切なことは、心の変化を認めることだけです。

心の変化を受け入れていこう

意識の変化が始まっている

人間は、潜在意識の中で変わりたくないと願っています。

変化することを恐れ、これまでの状態を維持しようとするものです。

ただ、それと同時に顕在意識の中では「変わりたい」とも願い始めるのも事実です。

この、二つの矛盾した意識が同居している時に、人は悩み、少しだけ辛さを味わいます。

捨てたくなる衝動は、あなたの中に「変化したい」という願望が少しずつ芽生えているということを意味しています。

人は、変わることへ怖れを感じるものなので、そこには少しブレーキがかかるのですが、心の変化は誰にも止めることが出来ないもの。

時間をかけて、自らの気持ちに素直になり、心の変化を徐々に受け入れていけば、捨てることをためらうことはないでしょう。

変化に身を任せれば上手くいく

何かを変えたくて、生まれ変わりたくて、もっと違った自分になりたくてどうにかしたいと願っていることも、本当の自分の気持ちでなのですから、焦らずにゆっくりと成長を見守りましょう。

人生の大きな転機を迎えている

捨てたくなる気持ちの度合いにもよりますが、いずれにしてもあなたは変わりたいと思うと同時に、既に変化が始まっています。

その先にある未来は怖いかもしれませんが、それでもその先にある何かを掴み取りたくて、心の中に眠るもう一人のあなたが、あなたを動かそうとします。

潜在意識の力というのは、とても強力な力ですので、何も考えなくても変化していくこととなります。

その変化を怖れて、抑え込もうとするのか、それとも変化を楽しみながら目覚めていくのかでは、生き方が大きく変わっていきます。

心に従い、時間をかけていけば、何かの行動を起こし始めるか、何かが自然に起こり始めるものです。

心のモヤモヤは飛躍する前触れ!

捨てたい衝動が心に生まれる時は、人生の大きな転機とも言えます。

変えたい、変わりたいといった気持ちは、肉体におかれる源にしながらも、生まれ変わることを強く願っているからでしょう。

心の声を聞いて、素直に受け入れていくことが出来れば、確実に人生の軌道は変わっていきます。

捨てたいものは捨てて、持っていたいものは持っていましょう。

それでも、必ず道は開けていくものです。

自分に正直に生きていこう

あなたが心の中で「こうしたい!」と思ったことは、誰がなんと言おうとあなたにとっては正しいこと。

世間の常識や、変化を恐れる気持ちはあなたの邪魔をしているだけです。

好きか嫌いかで物事を判断しよう!

あなたが心の中で感じていること、不意に思ってしまったこと。

それは、まぎれもない事実で、心に嘘をつくことはできません。

どちらの人生を選ぶのかはあなたが決めることです。

しかし、自分に嘘をつき続けて生きることは、とても苦しいことなのです。

俺の人生終わった!と感じた時が本当の人生の始まりです!

捨てたいのなら捨てればいい。

やめたいのならやめればいい。

自分に正直に生きていきたいのなら、捨てたくなる気持ちを否定はしないことです。

断捨離すれば新たな人生が待っている

捨てたいと思ってしまったのなら、思い切って断捨離してみましょう。

規模の大きい小さいに関わらず、いらないと思ったものはあっさりと切り捨てる。

捨ててしまえば気持ちはすっきりしますよ。

自分の人生を切り開こう

断捨離や掃除は目的ではなく手段であるということ

そして、それまでに自分が執着していたこと、意味のないこだわりに固執していたことに気づけます。

もっとあなたがあなたらしく生きるために、断捨離してみましょう。

そして、本当の自分の姿を見つけ、あなたの人生を取り戻しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。



コメントを残す

*