物を捨てたくなる時はストレスがたまっている!断捨離が好転させてくれる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

断捨離という言葉が出てきて、そこまで経過していません。

それまでも、無性に全てを捨てたくなる時はあったのではないでしょうか?

全部捨ててしまいたい、誰とも会いたくはない、何もかもやめてやり直したい。

それが断捨離のベストタイミングだったりするのです。

物を捨てたくなる時があるのはなぜなのでしょうか?

誰にもそのような時はあります。

こうした心理は、意外と単純なものなのですが、自分では気づけていなかったりするものです。

ストレスが限界に近づいている

何もかも捨ててしまいたい。

誰にも会いたくない。

全部やり直したい。

そう感じてしまうということは、これまでに続けてきたことがストレスになって爆発しそうになっているということです。

信じてきた信念が折れかけていたり、当たり前と思っていたことが気づけばストレスになっていたり。

心が悲鳴をあげようとしています。

この時に、物が捨てたくなる衝動に身を任せるほうがうまくいきます。

ここでさらに我慢してしまうと、そのストレスは外へと爆発してさらに大きなトラブルを引き起こしたりします。

物が捨てたくなる気分になったら、「あ、今ちょっと不快になっているな」と自分を内観して認めることが大切です。

嫌なことを我慢していませんか?

本当はやりたくない、したくないことを続けてやっていませんか?

したいと思い込もうとしたり、しなければいけないと自分で自分を追い込みすぎてはいませんか?

ストイックになる精神は必要ですが、その先に希望が見えないと人は頑張れなくなります。

目指す目標もなく、「やらなければいけない」ということだけに縛られてしまうと、嫌なことも我慢してやってしまいます。

その我慢も必要なことなのだと思えるのなら耐えられるかもしれませんが、出口のないトンネルのようにしか見えないのならそれはあなたにとってとても苦しいことです。

終わりの見えない努力ほど辛いものはありません。

また、死ぬときには無価値になるようなものに対する努力はやるだけ無駄です。

自分で考え、自分で決め、本当に必要なこと、やりたいことだけをきちんと選択していって下さい。

その上で、嫌なことはやらず、やりたいことだけをやっていきましょう。

ストレスフリーな生活をするためにやってみてほしいこと!

自分の気持ちに素直になっていますか?

我慢してしまう人というのは、忍耐が強い人と言うイメージもありますが、場合によってはそれが人に迷惑をかけていることもあります。

誰も頼みもしないことを努力してみたり、本当は嫌なのに頑張ってみたりする。

人間は、自分の一番しっくりくることにしか本当の努力はできません。

やらなければいけない、そうであるべきだと思い込んだことは、いつか限界が来ます。

人間の心理は、もっとシンプルでわかりやすいものです。

大事なことは、自分の心に素直になること。

物を捨てたいという衝動が生まれるのなら、あなたはそれまで素直に行動できていなかったのかもしれません。

それならこれからはどうするのか?

自分の中に生まれた心に素直に従うこと。

捨てたいと感じるのであれば捨てて下さい。

持っていたいのなら持っていて下さい。

続けたいのなら続けて下さい。

そういった自問自答をすることが大事な習慣です。

物を捨てたい、やめたいという気持ちが生まれてしまった以上は、それに従うしかありません。

あなたは疲れてしまったのです。

しばらくはやめてみて、休むことです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。



コメント

  1. 捨て魔 より:

    はじめまして。
    今、まさにこの状態です。
    自分の人生を掛けて長年続けてきたことに絶望し無気力になりました。
    しかし生活の為と無理しながら続けていたらそのすべての物を処分したい衝動にかられ、片っ端から捨てています。
    自分の功績、頑張ってきたと思えるもの全てが不要で無意味のものに変わりました。
    手放すことで罪悪感も勿体無いと思う事も無くすっきり感だけが残りました。
    長い人生、手放していいこともあるのだとを知りました。

    1. sutero より:

      そうなんですよね。
      断捨離、シンプルライフ、ミニマリストに対してアンチも多いですが、やってみればわかるんですよね。
      それまでに、どれだけ無駄なものを追いかけて、必死にしがみついていたのかということ。
      ほとんどのことはどうでもいいことなんですね(^^)
      生きることを真ん中に置けば、別に何もいらないし、何も目指さなくてもいいと私は思っています。
      四季を感じ、大切な人と過ごし、楽しいと思えることだけをやっていく。
      それだけでいいと私は思います。

  2. スノウマン より:

    世の中のほとんどは無意味だと悟った

    物を買ったり見栄張ったりこだわったりする事自体がアホらしく感じる

    生きてるだけで丸儲け
    生きてる事自体無意味かもしれないが、まあボチボチ楽しくやってこかな

    僕は鳥になりたい

    1. sutero より:

      コメントありがとうございます。

      そして、おめでとうございます。

      「生きてるだけで丸儲け」
      まさにその通りですし、誰もがみなそこに辿り着きます。

      私利私欲に任せて生きることとは違った意味で、楽しければそれでいいんですね。

      私も鳥にはなってみたいですね。

      情報や物で溢れかえった社会で生きていると、すぐに忘れそうになります。
      それでも、常に心のどこかで感じ続けることが大切です。

      そこまでたどり着くためには、様々な苦難があったと思われます。
      それでも、その答えを導き出せたのはあなたの力ですので、大切にして下さい。

      こうしてコメントいただけることが、私はとても励みになっています。

      決して頑張ることなく、背伸びをせずに自分のペースで生きていきましょう。

  3. 匿名 より:

    まさに過去の私がそうでした。今まで興味があって買っていた物や必要な物まで全て捨ててしまいました。捨ててしまった罪悪感はあります。しかし何故だか去年、今まで買っては捨ててしまった事が間違いだったとふと気付きました。この記事を読んであの時感情に任せて捨ててしまった事はそれで良かったんだと思えて少し心が軽くなりました。最近もしょっちゅうあの時捨てなければ良かったという後悔が頭を過ぎっていました。

    1. sutero より:

      コメントありがとうございます。
      後悔するかしないかは、自分の解釈次第ですからね(^^)
      何かを手放せば、何かを得ることが出来ます。
      何かを手に入れれば、何かを失います。
      それがこの世の法則ですので、失ったものを見て生きるか、得たものを見ていきるのかのどちらかを選べます。
      どちらの生き方が幸せかは、言うまでもありませんね。
      捨てて正解、捨てれなくても正解。
      自分で決めて、自分でとった行動は全て正解ですから、これからも自分を信じて歩んでいきましょう(^^)/

コメントを残す

*