断捨離したくなる時はどんな時なのか?捨てたい心理は新たなスタート!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

何もかも投げ出して、全てを捨てたくなる時があります。

これまでにもそういったことはあったのではないでしょうか?

人が断捨離たくなる時、どんな心理状態になっているのでしょうか?

断捨離したくなる理由は人それぞれだと思います。

ですが、自分ではわからない人もいるのではないでしょうか。

人が何かを無性に手放したくなる心理はどんなものなのでしょうか。

現状にストレスを感じている

毎日が忙しく、常にイライラしている時。

なんだかわからないけど「もうどうにでもなれ!」ってくらいに爆発しそうな時があります。

ここまで来ている場合、その原因はわからなくても断捨離のタイミング。

恐らくやろうと思わなくてもすぐに実行に移していることが多いのではないでしょうか。

この場合は、あらゆる人間関係や、自分がやらなければいけないことが多すぎてパンク寸前。

断捨離すべきものは沢山あるので、どんどん捨ててまた一からやり直しましょう。

ストレスフリーな生活をするためにやってみてほしいこと!

人間関係に疲れている

生きている以上は、どんな場面でも人間関係が発生します。

軽くあいさつする程度の人もいれば、顔を知っているくらいの人。

楽しく遊ぶ仲間もいれば、大事な話もできる信頼している人。

色々といる中でも、ちょっとしたことでその関係はストレスに変わってしまうことがあります。

そういった場合は、とにかく断捨離する。

現状を変えようともがくほど状況は悪化していってしまうので、とにかく「断つ、捨てる、離れる」が必要な時です。

人間関係に疲れない!振り回されないようにする方法!

自分を見失っている

大事な何かを見失っている。

自分がわからなくなっている。

この場合は、自分がわからないと言っても自覚があるので断捨離したくなることでしょう。

辛い出来事や、自分が暴走しかけていることを知って、そこでストップをかけて断捨離すれば、うまく自分をコントロールできることを知っているということ。

自分がわからないとうのは、自分をよくわかっている証拠でもあります。

このことに気づいているのであれば、断捨離してみることです。

自分を見失ったときにやってみてほしいこと3つ!

なんだかうまくいかない

自分のやりたいことや、目標などは明確にはなっているのに、なんだか思うようにうまく進まない時があります。

そういった時こそ断捨離。

うまくいかない時は、何かが間違っているということ。

うまくいかない時は、とにかくうまくいかない時です。

物事がスムーズに進まない時には、流れに抗うのではなく、おとなしくしているほうがかえってうまくいくタイミングが舞い込ん出来たりするものです。

今できることだけを考え、家の中を片付け、行動を制限し、人間関係を整理する。

断捨離すればまた新たな発見があるものです。

断捨離は新しいスタートを切るための節目

物を捨てたくなる、断捨離したくなるタイミングというのは、何かがうまくいかない時でしょう。

何をやっても思うようにはいかないし、それがストレスになってイライラする。

イライラするから足元は見えなくなって、整理できなくなってさらにイライラして、もっとうまくいかなくなる。

そういった自分の行動を見直し、もう一度新たな気持ちで進むためにも、リセットが必要なのです。

人生そのものをリセットしてやり直すことはできません。

ですが、これからの未来は変えることができます。

今を変えれば未来は変わります。

逆に、今までうまくいかなかったことをこれからも繰り返せば、これからの未来も同じことが繰り返し起こります。

今という現実を自分の手で変えてしまえば、人生そのものが変わるのです。

断捨離して、可能な限りリセットして、また新しい人生を歩んでいきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。



コメントを残す

*