捨てれば入ってくるという不思議な現象

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

上手くいっていない時、行き詰まっている時に、さらに頑張るのか立ち戻るのか?

やめること、手放すこと、捨てること、諦めることによって、新たな道が切り開かれていきます。

断捨離によって説かれている教えは、捨てると入ってくるというとても不思議な現象です。

捨ててみる、やめてみると、意外な形で物事が解決したりします。

本当に不思議な現象のように感じますが、実はこれは宇宙の原理原則に従った、エネルギーの運動によって起こることです。

流れが滞り、行き詰まるということは、エネルギーの循環がどこかで停滞していることを意味しています。

全てはエネルギーの循環で、その中で私たちが生きている以上は、抗うことのできない法則となります。

いらないものを捨てよう

捨てること、やめること、断ち切ることは、少しばかり勇気のいることですが、上手くいかなくなったのなら、別の流れを受け入れていくしかありません。

そのためにも、どうしていいのかわからない、頭打ちを感じているのなら、まずはいらないものを捨てることから始めてみましょう。

今の生活で必要のないもの、生きて行くうえでさほど重要ではないこと。

幸せになるために不要だと思うものは、どんどん捨てて、断ち切っていきましょう。

判断基準は簡単で、全て自分の心で感じたままに捨てるか持っておくかを決めて、過去や執着と決別していきましょう。

心に従って決断していく

削ぎ落とし、断ち切り、捨てていく時に、「高かったから」「もったいないから」というのもひとつの価値観ではありますが、仮にもしそれが理由で捨てることができないのであれば、今はまだそれでいいということです。

何かの意味があり、まだ持っていないと生きていけないのであれば、それでいいのです。

ただ、自分の中にある価値観が、まだそのステージであることは認めていくしかありません。

断捨離すること、捨てることによって学び、気づくことは、自分の価値観を知ることでもあります。

心に従うということは、それがあったほうが心地が良ければ現状維持し、不快に感じるのであれば捨てても構いません。

幸せに生きることに専念しよう

断ち切ること、捨てることがなぜ必要なのかは、「今を生きる」ためでもあります。

過去への執着、未来への不安、ここではないどこかへの理想や、こうであってほしいという願望。

「今」と「ここ」ではないものへの思いは、それは執着となって自分を苦しめるものとなります。

大切なことはひとつだけ、今日という日を、「今」という時間を幸せに生きることだけです。

「いつか使うかも」という恐れから来るこだわりは、ただ自分を前に進めなくしている呪縛でしかなく、その「いつか」は来ることはありません。

全ては「今」に集約されています。

「今の生活」を基準に捨てていき、エネルギーを循環させ続けていけば、きっと素晴らしい人生を体感することが出来るでしょう。

捨てると必ず入ってくる

実際に多くの人たちが経験しているように、捨てること、やめることによって、新たな何かが始まります。

捨てると必ず入ってくるように出来ているのが、この宇宙の法則なのです。

コップの中にある水を、ひっくり返して捨てると、水がなくなるだけでなく、ぴったりとおさまるように空気が入ってきます。

それと同じように、つねにぴったりのものがベストタイミングで、ベストマッチで舞い込みます。

それが何なのかは、誰にもわからないことですが、必要なものは必ず入ってきます。

捨てたものが再び戻ってくることも多々あります。

それまでに経験のない、全く新しい世界をみることもあります。

何が入ってくるのかわからないからこそ、ワクワクしながら楽しみに待ち望んでいればいいのです。

捨てると必ず入ってくるという不思議な現象を、是非あなたも体験してみましょう。

あなたの人生が、素晴らしいものになることを祈っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。



コメントを残す

*