まだ起こっていないことを心配する必要はありません!不安を消し去る方法!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

悩みというのは、心に大きな負担となります。

また、心に負担がかかることによって、さらに悩みは深まります。

この記事では、不安や恐怖によって眠れななくなったり、自分を見失ったりしてしまう、悪循環から脱出するために、ネガティブな思考を取り除いていく方法をご紹介します。

不安や恐怖というのは、自分自身の内面から生み出されているものだということを、始めに認識しておきましょう。

まずはそこから始めて、その湧き上がってくる不安の正体を見つめ、向き合っていくことによって、解決の道へと前進できます。

最終的には、必ずその不安、恐怖は消え去っていきますので、心を落ち着かせて、ひとつずつ取り組みましょう。

不安や恐怖は向き合うことで消滅する

未来への不安や、ありもしないものに怖れることは、逃げることでさらに増幅されてしまうものです。

感情に蓋をして自分に嘘をついたり、強がって見ないふりをしても、それはさらに大きくなって襲ってきます。

その不安や恐怖は、長年見ずに逃げてきたものが、塊のようになって出来上がり、自分自身で成長させてしまったものです。

その、まだ起こってもいないことに怖れること、つまり妄想に苦しむことから脱出したいのであれば、逃げるのではなく、向き合って、受け入れていくことから始めてみましょう。

妄想を消し去る唯一の方法は、そういった弱い自分、怖れている自分を認め、しっかりと抱きしめてあげることです。

湧き上がる不安や恐怖は、外側の影響ではなく、内側で起こる現象です。

無理をしていること、頑張っていること、強がっていることがあるのであれば、それをやめて素直になってみましょう。

まだ起こっていないこと、ありもしないことを妄想し、怖れて苦しむのであれば、その自分に気づいてあげて下さい。

「あ、また私は怖れているな」

「今、不安になっているな」

と自分を客観的に見てみるだけで、心が少し軽くなるのがわかるはずです。

そして、なぜ自分がそのように感じてしまうのか?

それは本当に怖れるようなことなのか?

ということを、しっかりと考え抜いて、悩み抜いて、怖れていることと向き合ってみて下さい。

また、それが現実として起こっていることなのか?

仮にそうなったとして、そこまで怖れることなのか?

なども、冷静に見つめていきましょう。

怖れている自分を認め、限界まで悩み尽くしてしまえば、いつの間にか恐怖心は消え去っていることでしょう。

不安を消し去る3つの方法

「それはわかってはいるけれど、どうしても不安で仕方がない」

そういった場合には、不安になっている自分を癒し、その不安を消し去る方法を実践してみることをおススメします。

以下の3つを順に取り組んでみると、少しずつ不安が和らいでいくことを感じられるでしょう。

1.紙に書き出す(誰かに話す)

まず、自分が抱えている「不安な気持ち」を外に吐き出してみましょう。

何に不安になっていて、どのようなことを怖れていて、自分が何を感じているのか。

これらを紙に書くなり、誰かに話すなりしてみて下さい。

わかりやすく文字にしたり、言葉にしてみることによって、冷静に自分の気持ちが理解できるようになります。

思考するばかりで、頭の中が不安でいっぱいになっている時には、間違った対象に対して不安を抱いていることがほとんどのため、「本当は何が不安なのか」「自分はどうしたいのか」を見えやすくするために、吐き出してしまいましょう。

ただ、紙に書く、誰かに話すだけで、気持ちは落ち着き、本来の自分としての落ち着きを取り戻すことが出来ます。

実はそうでもなかったと胸をなでおろすこともあれば、別の何かに気が付くこともあります。

一人の時間に思いを紙に書いてみる、信頼できる身近な人に、「こんな風に思うことがあるんだ」と話してみるといいでしょう。

必ず何かの変化が起こりますので、自分の不安な気持ちに蓋をせず、ゆっくりと向き合って生きましょう。

2.思考を止めてみる

意識というのは、一度そこに向けてしまうと、それが大きく拡大していくため、不安になることばかりを思考していると、さらに不安になります。

悩んだり、考えたりしても、何も解決されることはなく、無駄にエネルギーを消耗していくことに気づくでしょう。

それならば、いっそのこと思考を止めてしまうことです。

思考を止めるためには、何かに打ち込んでみたり、単純な作業にとりかかってみるといいでしょう。

ただ景色をボーッと眺めるだけでもいいですし、お風呂につかって何も考えないのもいいでしょう。

「何も考えない」という時間が、意外にも不安を消し去ってくれますので、考えなくても出来る活動を取り入れてみましょう。

また、不安と疲労は密接に関係していますので、思考を休めるために、単純な動きを繰り返してみるというのもいいでしょう。

呼吸に意識を向けて、ただ息をするだけであったり、目的もなく歩き続けたりすることも効果的です。

自転車などで街をフラフラしてみたり、軽く走ってみたりするだけでも違います。

考えない、思考を止めるということによって、不安はどこかえ自然に消えて行ったりします。

3.出来ることをやっていく

悩むのをやめるのと同時に、なんでもいいので行動を起こしてみましょう。

この時に、「不安に煽られた行動」は避けて、日常生活の中で、とりあえず出来そうなことから始めてみましょう。

どんな小さなことでも構わないので、今の自分に出来ることを積み重ねていくと、自然と心は落ち着き始めます。

ひとつひとつ、コツコツとこなしていくことで、自然に不安を感じなくなっていくものだったりします。

おススメは、部屋や水回りの掃除、いらないものを整理したり片づけたりといった作業です。

日常の皿洗いや洗濯ものの処理も、意外にも効果的です。

何かを少しずつやっていき、小さなことからこなしていくことは、その成功体験によって自己肯定感が高まり、そのうち不安は消えて自分に自信が持てるようになります。

良いか悪いか、正しいのか間違っているのかは別として、何でもいいので身近なことをやってみましょう。

また、不安に感じる時間は減っていき、少しの恐怖にも耐えられるような自分が出来上がっていきます。

考えることをやめて、思いつくことを全てやっていけば、自然と心は強く再生されていきます。

規則正しい生活を送ってみよう

不安になりやすい人というのは、性格と思い込みがちですが、不安を感じにくい、強いメンタルの人間に変わることは可能です。

睡眠不足や、偏った食生活、運動不足によって、自律神経の乱れであったり、脳内ホルモンの減少によって、ネガティブになりやすくなります。

「不安を感じやすい」「ありもしない妄想をしてしまう」と自分自身で認識出来ている人は、頭で考えようとせずに、まずは自分の日常を見直してみるのもいいでしょう。

睡眠時間を今よりも30分延ばす、栄養バランスのとれた食事をする、軽めの運動を習慣化する、といったことを、生活の中でほんの少し取り入れるだけで、ポジティブな自分へと変わる可能性はあります。

出来る範囲内から、徐々に習慣をシフトさせることによって、毎日を明るく生きられるようになるかもしれません。

改善できるポイントを見つけたら、是非チャレンジしてみることをおススメします。

全ては上手くいくように出来ている

何があったとしても、最終的には上手くいくように出来ています。

世界、宇宙というのは非常によく出来ているもので、どんなことがあったとしても、それを補うものが現れ、愛と調和へと向かいます。

全ては、物事の均衡を保つための働きであって、何がどうなろうと上手くいきます。

それは、自然界にあるもの全てが教えてくれます。

だからこそ、ありもしない未来への妄想に悩まされなくてもいいのです。

心配しているようなことはまだ起こってはいませんし、例えそうなったとしても、それはそれで上手くいく何かが起こります。

これまでの出来事を思い出してみても、きっとそうだったはずです。

ピンチになれば、必ずそこには救世主が現れます。

もうダメだと思った時に、一筋の光が射します。

未来を不安にさせる情報に惑わされず、全ては上手くいっていることに気づきましょう。

行動すればどうってことない

「ああなったら嫌だな」「もしこうなったらどうしよう」

それらの不安は、ただの「不安」という妄想でしかありません。

高さに足が震えてしまうかもしれませんが、海へ飛び込んでしまえばどうってことないのです。

あれこれ考え続けるよりも、そこへ行ってしまえばなんてことありません。

不安に意識の焦点を合わせれば合わせるほど、不安は大きく見えます。

それは、対象物に目線を送り、近づいてみている時にそれが大きく見えるのと同じです。

怖れていることは起こりませんし、例えそうなったとしても、この世界、宇宙の視点からみれば、ささいなことであり、どうでもいいことだったりします。

やってみればどうってことなかったり、終わってしまえばそうでもなかったことばかりです。

「不安」というありもしない幻想に騙されて、行動しなければ、そのまま人生は終わってしまいます。

全ては上手くいくように出来ているのですから、やりたいことをどんどんやって、行動し続けましょう。

人生は楽しいもの

忘れてはいけないことは、私たちは何のために生きているのかということです。

生きることは、幸せになるためのものであって、生きることそのものが幸せで在るということです。

人生では、苦しいことなどひとつも存在しないのです。

生きることは、素晴らしいことであって、人生は楽しむためにあるものです。

いつ終わるのかわからない人生を、大切な時間を、二度とない今という瞬間を、不幸なものにしないこと。

不安や恐怖にばかり囚われて毎日を過ごしても、何も楽しいことはありません。

どのように今を生きるのかは、全て自分次第です。

仮に、心配しているような出来事が実際に起こったとしても、それはさほど大した問題ではなかったりするものです。

生きていれば、様々なことが起こるものですが、それもこの世で生きるということの経験のひとつです。

それでも、人生は最終的には上手くいくように出来ていますし、誰もが幸せになれるようになっています。

世界はあなたが思っている以上に素晴らしいもので、未来はあなたが思っている以上に明るく、人生はあなたが思っている以上に楽しいものです。

悩むのをやめて、出来ることをやり、楽しいことを選びましょう。

笑うことで、誰もがあなたに微笑みかけます。

怒りや憎しみ、不安や恐怖に身を委ねるのではなく、あなたの心が温かくなる方向へと向かいましょう。

人生をもっと楽しく、ダイナミックに生きていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。



コメントを残す

*