やりたいことをやるために捨てる!捨てれば全ての願いは叶う!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

なりたい自分を思い描き、その通りになれる自信がありますか?

やりたいことがあるのに、それができない理由はなんですか?

そこには、本当の自分が潜んでいます。

全ての願いを叶えるためには、捨てるしかないのです。


スポンサーリンク

どうしてこんなにも窮屈に感じてしまうのか?

いつからこんなつまらない人生になってしまったのか?

それは、あなたが生き方を間違えてしまったからです。

あなたがこれまでに避けてきたのは、捨てること。

向き合わずに逃げてきて、後まあわしにしてきたから追い込まれてしまったのです。

できることから始めて、捨てることに慣れていかなければ、あなたはそこから抜け出すことはできません。

なりたい自分になるために。

やりたいことをやるために。

断捨離を習慣として身につけましょう。

やりたいことをやってみよう

まず、あなたが今やりたいことを思い描いて下さい。

誰にも言えないことかもしれませんが、心の中に潜むその思いです。

それを認め、それを実行することを想像しましょう。

そして、できるのならそれをすぐに行動に移してみましょう。

できますか?

できませんか?

あなたの答えは「できない」のはずです。

人は、できることは、できるかできないかなどは考えることはありません。

できることはすでに終わっています。

やりたいと願うことは、あなたが今できないことです。

そして、そのできない理由を考えてみて下さい。

なぜできないのですか?

時間がないから?
邪魔されるから?
怒られるから?

それが答えです。

あなたはやりたいのにできないと言いながらも、そのまま過ごしています。

つまり、そこまでしてやりたいことではないのです。

そして、あなたはただ自分を守り続けているだけ。

そのままでいいのならそうしていればいい。

ただ、それではあなたは一生やりたいことなどはできませんし、なりたい自分にもなれません。

何もかも捨てて下さい。

やりたいことをやって下さい。

ただそれだけのことです。

スポンサーリンク

何もかもを捨ててしまえ

あなたは多くを持ちすぎたから苦しくなってしまったのです。

守り続けて、それを必死に維持しようとしたから、願いは叶わないのです。

捨てて下さい。

どんなものでもいいので、その目の前にあるものを捨てて下さい。

あなたの邪魔をしているものを全て捨てて下さい。

それは、あなたがやりたいことに向かって真っすぐに進むためには必要な作業です。

荷物は軽いほうが走りやすいのは当たり前です。

重荷を背負わずに、足かせを外し、行きたいところへと一直線に走りましょう1

誰かに何かを言われても関係ありません。

捨ててしまえば楽になれます。

あとのことは全てなんとかなるもの。

どんどん捨てましょう。

好きだと思っている趣味。

大事にしているもらったもの。

高いお金を払って集めた服。

あなたの願いを叶えるのにそんなものが必要ですか?

捨ててしまえばすぐに忘れます。

もっといい物を手に入れるために、今あるものを捨てるのです。

直感に従って生きていけ!

あなたが物事に躊躇したり、迷ってしまってチャンスを逃すのは、多すぎるからです。

どんなことにおいても、邪魔をまのを排除しなければ、明確な答えは出ません。

見て、聞いて、感じて、思ったことが答えです。

それがあなたにとっての正解です。

直感だけを信じていきましょう。

そして、それに従って素直に行動していきましょう。

何がどうなったとしても、恐れているようなことは起こりはしません。

そのまま突き進めばいいだけです。

捨てて、削ぎ落して、減らしていけばいい。

そして、何度も挑戦していけばいい。

それが生きるということです。

近くの物から捨てて行こう

何を捨てたらいいのかわからないかもしれませんが、とにかく「捨てる」という行動を積み重ねて下さい。

使わないもの、あきらかにゴミ。

持っていたけど出さない物。

余計な言葉。

嫌いな人間関係。

くだらないプライド。

必死になっている行動。

周囲に合わせた価値観。

すがりつくようにやっている趣味。

それらをとにかく捨てましょう。

どんどん捨てましょう。

やってみればわかることで、とにかく捨てるということがあなたを洗練してくれます。

持ち物は少なく、シンプルに生きる。

肉体と魂さえあれば、それだけで十分なのです。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。



コメントを残す

*