物を捨てたい!掃除したい!無性に片づけたくなる時の心理と楽に生きる方法!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

自分ではわからないけど、無意識に掃除をしてしまっている時はありませんか?

無性に物を捨てたくなったり、片づけたくなる。

そんなあなたの行動には、ある心理が隠されています。

日々の生活の中で、無性に物が捨てたくなったり、掃除をして片づけたくなる時がある。

また、実際には意識はしていなくても、気が付いたらそういった行動をとっている。

そんな時ありませんか?

その時に、自分がいったいどんな状態なのか。

そこには、自分をコントロールするためにとても大切な心理があるのです。

自分のスペースは心を映し出す

あなたの家の中、部屋、職場のロッカーやデスク、車の中など、使っているスペースは全て心の状態をそのまま映し出します。

生活の乱れは心の乱れと必ずリンクします。

頭の中がごちゃごちゃしたり、心がモヤモヤする時には、決まって身の回りが乱れています。

これは、無意識的にそうなってしまうものなので、人間なら誰にでも起こる現象です。

そして、そこを片づけたくなるということは、心の整理を求めているということになります。

片づけたくなるのはストレスのサイン

あなたが意識はしていなくても、無性に捨てたくなったり片づけたくなって、掃除をしているということは、心のストレスを抱えていることを意味します。

自分ではわからなくても、人は無意識的にそういった行動に出るものなのです。

心の中にモヤモヤが溜まりすぎ、スッキリしたいからそれを求めて本能的に動いているのです。

片づけや掃除はやって損はないので、悪いことではないのですが、そういった自分の心理を知ることは大切なことです。

掃除は心のデトックス

人間の心理状態を知ることができれば、自分をうまくコントロールすることができます。

嫌なことがあったり、人に会いすぎた時には、掃除をして整理整頓しましょう。

これを心がけるだけでも、トラブルは減って物事はスムーズに進みます。

家の中を綺麗にしておけば、いつも誰もが快適に暮らせます。

職場のデスクや現場を掃除すれば、何をやるべきなのかがはっきりとわかります。

どんな場面においても、心をすっきりとさせて、デトックスをしておくことでストレスなく進めるようになっていきます。

思った時に行動しよう

あなたが捨てたいと感じた時には、捨ててしまいましょう。

片づけたいと思った時には片づけましょう。

掃除をしたい気分なら、掃除をしましょう。

それだけで、自分の心はいつもフラットに保つことができます。

心のモヤモヤを抱え、頭の中がごちゃごちゃしているままで生きていても、何もかもがうまくいかずに余計にストレスが溜まります。

無性に何かをしたい時は、無性に何かをしたい時です。

そのままありのままの行動をとることで、人間は楽に生きられるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。



コメントを残す

*