断捨離と掃除で人生が変わった!何もしなくても幸せになれる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

幸運体質になるには潜在意識を書き換えないといけない。

じゃあその書き換えには具体的に何をしたらいいの?

それは断捨離と掃除だけです。

無意識的に幸せになれると思い込めたらそれは幸せなこと。

潜在意識を書き換えてしまうことの理屈はわかっても、どうやったらできるのかは難しいものです。

引き寄せるためには何をしたらいいのか?

アフォメーションのような自己暗示的なものや、理屈だけでは実際にはできないと私は思います。

では、具体的に何をどのようにすればいいのでしょうか?

普通に生活してみる

まずは最初に普通に生活することだけを心がけること。

朝起きて、支度して、仕事に行って、帰って、ごはんを食べて、お風呂に入って、寝る。

これは誰でも当たり前にやっていることです。

これができるかどうかをやってみて下さい。

辛さ、むなしさ、怒り、苦しみ、恨み。

負の感情が自分の中にあると気づいている人こそやってみて下さい。

そうすれば、本当の自分の姿が徐々に見えるようになってきます。

できないこととできることがある

自分の生活を振り返り、ずっと考えて見て下さい。

今ある自分の姿、それまで見ようとせずに逃げて来た本当の自分の姿が見えてくるはずです。

他人からは逃げることができても、それは必ず自分自身へと姿を変えてどこまでも追ってきます。

追ってくるのはだれかの意志ではなく、自分自身です。

その自分と向き合わない限りは、絶対に開放されることはありません。

まずは自分ができることとできないことを知り、それを認めることから始めてみましょう。

やる気が出るまでしっかり休め

できないことはできないままにしておいてください。

そのうち、「よしやろう!」と思う自分が現れます。

それをただひたすら待ちながら休むこと。

焦らなくてもいいし無理はしなくてもいい。

待っていればいつかは必ず自分から動き出す時が来ます。

今は休んでまた立ち上がれるようになるまで待ちましょう。

断捨離と掃除をはじめよう!

ある程度辛さや苦しみが軽くなり、それなりの生活ができ始めたらそこからが大事な時です。

また同じことを繰り返してはいけません。

何かを始めたいと思うエネルギーが復活したら、何かを求めることにその力を向ける前に、まずは自分の足元を固めることを先にやりましょう。

できると思えるその力は、自分の身の回りの断捨離と掃除にだけ注いでください。

それは関係ないと思うかもしれませんが、人生を左右するほどの大事な分岐点です。

まだまだ耐える時ですし、積み上げるための一歩です。

大きなことを始めようとばかり思わないで下さい。

小さなことを積み重ねていくための習慣をつけましょう。

それが掃除と断捨離です。

時間差で大きな幸せがやってくる

自分に自信を無くし、人が信じられなくなり、何をやっていても苦しい。

もがき苦しんで、誰かに癒されようとしても突き放される。

誰もが冷たく感じ、世間から置いて行かれるような感覚しか感じない。

断捨離と掃除をずっとずっと続けてみて下さい。

今は辛く苦しくても、信じて続けるのです。

そのうち急にスッとストレスが消え、全ての意味がわかる時が来ます。

世の中の単純な法則!シンプルな行動が全て好転させる!

これまでにしてきたこと、言われたこと、出会った人、それらの意味が全部わかるようになります。

そして、なぜ断捨離と掃除が大切なのかもわかります。

それが潜在意識が書き換えられた瞬間。

自分がまた違う自分に生まれ変わる瞬間でもあります。

物事の見え方が変わり、人の言葉の聞こえ方が変わり、見る物全てが違って見えます。

人がみんな優しく見え、誰もが理解してくれ、ずっと願ってきた願いも叶う。

何もかもが自分の望んでいた世界だと気づきます。

そして、気づいている人たち同志が共鳴しあって、新たなステージへと進めます。

やってみなけりゃわからない

単純に、実践して体感してみないとわからない感覚です。

それまでを思い出しても、長い長い呪縛から抜け出すためのものだったということ。

掃除と断捨離さえ身に着けてしまえば、これからの苦難も乗り越えやすくなります。

人の見え方も変わります。

そして、人生というものが楽に生きられるようにもなります。

乱れてきたな、と感じたら掃除と断捨離をすること。

ひたすら繰り返して下さい。

それが唯一自分を肯定するための手段です。

天は必ず見ています。

天は裏切りません。

掃除と断捨離の大切さを絶対に忘れないで下さい。

辛い時にこそ、大事なことを思い出すようにしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。



コメントを残す

*