2022年開運のために○○を捨てよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

2021年が終わりに近づき、いよいよ来年のための準備期間へと入りました。

今まで以上に飛躍の年とするため、家の中の持ち物を減らして、2022年には良い運気を受け取りましょう。

まずは捨てること、手放すことによって新たな道が開かれます。

来年はどんな年にしたいですか?

人は、その瞬間ごとに生まれ変わっていくもので、執着していることを手放さなければ、前に進めません。

家の中の整理、不要な物を処分するだけで、運気は必ず上がってきます。

勇気を出して、新たな自分に出会うために、捨ててしまいましょう。

欲しいものほど出していく

捨てるべきもの、手放していくべきものは、あなたが最も欲しいモノ、持っていたいと名残惜しいものです。

「不要なものを捨てるはずなのに、どうして欲しい物を手放すの?」と思われるかもしれませんが、最も欲しいものほど外へ出すべきなのです。

どんなものであれ、自分が出していくものを、いつかは受け取ることになります。

全ての関係性において、そのようなことを学んだことはないでしょうか。

断捨離していく、捨てていく、持ち物を減らしていくことは、「因果応報」とも深く関係しているのです。

自分が持っていたいからと、そこに執着して持ち続けていると、あなたのところで流れは止まります。

そして、あなたは出さない、他者へ与えない、循環させないために、それ以上のものは受け取ることができなくなるのです。

先に出して、スペースを空けて、そこに流れ込んでくるものを受け取るのです。

開運は、ただ自分の都合のいい運勢になるということではなく、良い運気の流れの中に自ら入っていくことです。

パンパンになっているところへは、何も流れ込むことはありませんよね?

物で溢れかえり、いつも忙しくしているあなたの家には、運気は流れにくくなっているのです。

本当はいつも、身近なところに良い流れはいつも流れているのですが、入る空白がないために、その流れはするりとあなたの周囲を避けて、違うところへと向かっているのです。

その、大きな運気の流れに乗るために、いつも余白が必要なのです。

出していき、受け取り、そして再び出していき、循環を感じながらそのサイクルを大きくしていくことが、運気を上げるコツです。

どんどん捨てて行こう

良い運気を呼び込むためには、流れの淀みを作らないことです。

常にある程度の空白を保ち、循環させるためにも、どんどん捨てていきましょう。

執着すればするほど、運気は低迷してしまいますので、とにかく循環させていくことです。

いらないものは捨てる、使わない物は捨てる。

欲しいと思うものほど誰かに与える。

必ずそれは、何倍にもなって自分の元へと返ってきますので、出すことに意識を向けていきましょう。

捨てれば捨てるほど見えてくるものは、気の流れです。

断捨離を通して運気について発信している人が、何を言っているのかわからなくても、実際に自分でやってみれば、全てを理解することができます。

捨てても何も問題はありませんし、不安だからと持っているよりも、手放したほうが不安は解消されるのです。

今よりも良い人生が待っていると思えば、手放す勇気も出てくるでしょう。

そして、新たな流れが舞い込むことを感じて行けば、心は安心していきます。

必要なものは必要なタイミングで必要な分だけ入ってくる

不思議なことに、必要なものは必ず戻ってくるか、勝手に入ってくるようになります。

それはあなたが何もしなくても、そうなるように出来ています。

自分で何かを得ようとしたり、付け足したり、増やしたりする必要はないのです。

ひたすら、減らす、捨てる、削ぎ落とす、与える、手放す、出すということを実践していくだけで、全て舞い込んできます。

ただ出すだけで、あとは何もしなくても問題ありません。

どんどん良いものが流れ込み、全てが上手くいくことを体感できます。

「みんなが断捨離をするのはこのためか!」と感動することでしょう。

使っていないモノは捨てるか売るか、とにかく手放すことです。

出すべきものは、どんどん出しましょう。

どれだけ出しても、それらは何倍にもなって返ってきますので、楽しみに待つだけです。

必要でないモノなら、戻ってくることも、舞い込んでくることもありませんので、そのまま忘れ去ります。

まだ断捨離を実践していない方は、是非試してみてください。

2021年もまだ一週間あります。

今年のうちに、人生をリセットするために、思いっきり削ぎ落としていってみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。



コメントを残す

*