お金持ちになるために出していく

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「人生お金じゃない」とは言ってはみても、「お金」も通貨として置換した大切なエネルギーのひとつです。

流れるエネルギーは、大地から始まり、採れた作物や、生きている動物を、食べることで運動エネルギーになり、その運動エネルギーが労働力となり、その対価として「お金」を受け取り、その「お金」で再び取り込むエネルギーと交換します。

この流れの一部である、「お金」というのは、保有しているエネルギー量となりますので、お金持ちになるために、エネルギーを流していく必要があります。

全てのエネルギーは、「等価交換」によって行われていて、それが絶対法則ですので、力を出さずに受け取ることは不可能です。

持っている力を惜しみなく出すことが出来れば、お金持ちになることはいくらでも可能です。

エネルギーの循環を感じ取る

全ての力、エネルギーは循環によって流れ、その中で私たちは生活していることをしっかりとイメージしてみましょう。

「働かざる者食うべからず」という言葉があるように、どれだけのエネルギーを使って貢献したかの対価を、そのまま受け取ることになります。

これは、会社や労働者、社会的にといった仕組みのお話ではなく、自然界の法則、全宇宙の法則としての流れですので、変えることも抗うことも出来ないものです。

だからこそ、「あの人だけずるい」とはならないでしょう。

「楽して儲けている人がいる」ように見えるかもしれませんが、それなりのエネルギーを放出しているということです。

「楽をしている」ように見えるのは、本来のこの「等価交換」の原理に気づいているため、仕事をすること、エネルギーを他者のため、自然界のために使うことを惜しまず、「楽をしている」わけではなく、それが「楽しい」だけなのです。

誰かがかわりにやってほしいことがあり、自分は手が空いているから、かわりにやってあげる。

これが、単純な仕事の始まりであって、労働力という運動エネルギーと、お金という報酬で代替エネルギーを交換しています。

お買い物をするのも、この立場が逆になっているだけです。

全てはただの循環であるため、お金の流れにのる、お金を沢山受け取る、お金持ちになることは誰にでも可能で、難しいことではないのです。

しっかり寝てしっかり食べる

まず、お金持ちになるための第一条件は、自分のエネルギーをしっかりとチャージすることです。

放出したエネルギーの対価を受け取る前に、出すエネルギーがなければいけませんし、その持っているエネルギーが小さければ、報酬も小さくなります。

つまり、沢山食べて沢山寝ることが、お金持ちになる、循環エネルギーを大きくするための原点になります。

自分の持つエネルギーが、そのままお金へと直結していることを知れば、不摂生な生活は出来なくなるでしょう。

また、対価として良い流れを受け取れない、余計な行動も控えるようになるでしょう。

本当にお金持ちになりたいのなら、栄養のある食事を摂って、夜更かしはせずにぐっすり寝て、心と体にエネルギーをチャージしましょう。

そこに、「お金」というエネルギーを出すことも惜しまずに、循環させていきましょう。

「安いから」といって、体に悪い食事をしたり、もっとお金を稼ごうと残業したり、夜遅くまでアルバイトをしたりすることは、一時的には良くても、長い目で見れば必ずどこかでバランスを崩します。

エネルギーの循環である以上は、ある一定期間に体を酷使してお金を手にしても、その後に体調不良や病気、うつなどといった反動として訪れ、そこで再び稼いだお金は出ていってしまいます。

大きなお金を循環させ、受け取っていくために、まずは自分チャージにお金も時間も使っていきましょう。

エネルギーを全て放出する

心と体に休息を与え、エネルギーをフルにチャージ出来たら、あとはエネルギーをあらゆる場所で全て放出していきましょう。

これは、あまり難しく考える必要はなく、どの瞬間、場面においても、目の前のことに「全力で取り組む」ということです。

不平不満、愚痴を言い始めたり、めんどくささを感じた時は、エネルギーが不足しています。

この時に間違えて陥ってしまいがちなことは、その仕事を与えてきた人が悪いと認識したり、やっていない人に対してイライラしたりと、無関係な「人」に対しての感情を抱いて、そちらのほうへと力を向けてしまうことです。

「なんで私が」「あの人がやらないから」といったことは多々あるものですが、エネルギーの流れを冷静に見れば、そちらへ向け始めてしまうと、生産的ではなく、自分の報酬とは直結できない方向へと流れていってしまいます。

早い話が、「無駄なエネルギー」となります。

議論しても意味がありませんし、誰かのせいにしても何も変わりません。

それだけでなく、放出するエネルギーが方向を逸れるため、本来受け取れるはずだったエネルギーがそこでマイナスされることになります。

お金持ちになるのであれば、大きな流れを読み取って、循環の中に入れる方向性を常に意識して、そこに全力を出していきましょう。

因果応報という言葉の通り、「人」に対して怨み、僻み、妬みのようなエネルギーを持てば、それだけ自分にもマイナスのエネルギーが流れ込みます。

また、相手が喜ぶこと、助けること、頼まれごとを完了させていくことにエネルギーを注げば、同じように周囲からはサポートのエネルギーが返ってきます。

エネルギーを全放出する場面は、仕事だけではなく、様々なところで挑戦していけば、循環するエネルギーはどんどん膨らみます。

「愛」を放っていく

エネルギーとは不思議なもので、その性質を持って循環し続けます。

他者から力を奪い、ずるいことをして得たエネルギーは、何もせずとも自分のところには残らず、誰かに奪われて出ていきます。

全てがエネルギーの循環であり、宇宙の絶対法則である以上は、どんな力を持ってしても、これを破ることは出来ません。

どれだけ賢く、優れた技術を持ち、強い力を持っていても、放出するエネルギーの質が、そのまま流れと循環を創り出し、自分の元へと返ってきて、再び出て行きます。

奪うと奪われてしまい、与えれば与えられます。

つまり、お金持ちになる方法はたったひとつだけ。

「愛」のエネルギーを、持っているだけ全て放出し続けるのです。

欲によって、いつも欲しがるだけのお金の稼ぎ方では、どんどん出ていってしまいます。

どれだけ稼いでも、心は満たされることはないでしょう。

「お金」という置換させたエネルギーに、「愛」というエネルギーが加算されれば、報酬を受け取るとともに、心も同時に満たされるので、出すべきエネルギーは「愛」です。

この、エネルギーが循環している仕組みと、「愛」という存在に気が付けば、明日から、今日から、今からの行動は全て変わります。

それは、どれだけ小さくても、積み重なると大きな流れを生み出しますので、お金持ちになりたいのなら、「愛」を起点とした行動を実行してみましょう。

ごみを拾う、整理する、掃除をする、頼まれたことをやる、応援する、励ます、支えてあげる、手伝ってあげる、助けてあげる、拾ってあげる、持ってあげる、聞いてあげる、分けてあげる、一緒にいてあげる。

やれることは数えきれないくらいあります。

それら全てが「愛」のエネルギーとなりますので、思いつく限りのことを全て、全力でやって、あとは待つだけです。

お金持ちになるためには、「欲する」のではなく、「何が与えられるか」から始めなければなりません。

まずは、近くにいる人を喜ばせ、楽しませ、幸せなエネルギーの循環を生み出してみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。



コメントを残す

*