少ないモノで豊かに暮らそう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

忙しい、いつも大変、どれだけやっても終わらない。

最近はなんだか疲れやすくて、嫌な気持ちになる出来事が多くなってきた。

そんな感覚を覚えたら、何かを減らす、削ぎ落とすタイミングです。

減らすべきものは、目に見えるモノだけではなく、生産性のない時間の過ごし方や、本心とは違った行動なども含まれています。

変えられるのは、自らの行動のみです。

上手くいかない時、なんだかわからないけど疲れる時、楽しさを忘れてしまっている時こそ、さらに何かをしようとするのではなく、減らす努力をしてみましょう。

・めんどくさいことはやめる

疲れてしまうのは、誰かの意見を聞いて、気を使いすぎていたり、自分とは違う世間の価値観に合わせすぎているのかもしれません。

本当にそれが必要なものなのか?

本当にそれが今やるべきことなのか?

本当にそれが心から楽しいと思っていることなのか?

めんどくさいのに付き合っていることや、仕方なしにやっていることがあるのならば、それらは疲れるだけですので、きっぱりとやめてしまいましょう。

一人の行動においても同じで、面倒だと思うことは、誰かに甘えたり、後回しにしたりして、必要最低限の行動だけにしてみましょう。

時には、自分を甘やかすことも必要です。

・欲望が貧しさを生み出す

欲しいものが増えたり、今のままではダメだと感じてしまうのはどうしてなのでしょうか?

それは、今の自分の行動によって、満たされない心があるからです。

給料が安いから、周囲が冷たいから貧しさや生き辛さを感じるのではありません。

自分自身の中に、現状に満足しない欲望が増大することによって、人は不満を抱き、貧困を感じるものなのです。

必要最低限の生活、何もしない生き方に満足することによって、真の幸福は訪れるものなのです。

それらの欲望は、他者との比較によっても生まれるものです。

みんながやっているから、負けたくないから、認めてほしいからといった感情が必ずあり、そういった思いが心を貧しくしてしまうものなのです。

その感情に負けて、アレコレと欲しがったり、手を出したりしていると、永久に幸せを感じることは出来なくなります。

・せめて増やさない努力を

少しでも快適に過ごそうと思い、便利な家電を買ってみたり、さらに何かを付け足そうとしてしまうものです。

しかし、一度やってみるとわかるものですが、増やせば増やすほど、やればやるほどに生活は忙しくなり、体力的な面でも、経済的な面でも、苦しくなるばかりです。

やることを減らそうと考え、何かを増やしてしまうと、楽になれるどころか、さらにやることが増えてしまうのです。

大切なことは、本当にそれが必要なものか?

得られるメリットとリスクのバランスはどうなのか?

ほんの少し行動を変えるだけで解決されることなのであれば、新たに買い足したりする必要はありません。

常に意識していくべきことは、今が大変で、忙しく、苦しい状況なのだとすれば、今以上に増やさない努力をすることです。

世間では、ああしたほうがいい、こうするべきといった情報がいつも飛び交っています。

また、身近な人たちも、良かれと思って様々なアドバイスをしてくることでしょう。

それでも、そういった意見に流されないことが重要です。

モノ、行動、情報は増やさない努力をし、できるだけ削ぎ落として、身軽になることによって、人生は楽に豊かになっていくものなのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。



コメントを残す

*