不要な思考と感情は捨ててしまおう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

心と体、頭の中をクリアにするために、内面的な整理と断捨離が必要です。

上手くいかない時には、そういった邪魔になる思考や、雑音に支配されてしまっている可能性があります。

自分がどうしたいのか、どう在りたいのか、どう生きて行きたいのかだけに集中し、不要な思考と感情は捨ててしまいましょう。

あなたの進むべき道の邪魔をしているのは、外側からの影響に感じることでしょう。

しかし、実際には誰もあなたの邪魔は出来ませんし、外側からあなたが影響を受けることは一切ありません。

全て、自分で決めていること、あなたが一人でやっていることです。

ネガティブな思考や感情に支配されると、それが弊害となって、やりたいこと、やるべきことに集中できなくなり、生き辛さを感じてしまうのです。

ネガティブな感情は、不安、怖れ、怒り、嫉妬、といったもので、違いがあるように思えても、どれも同じです。

他者を攻撃し、自分を傷つける結果にしかならないものばかりで、抱いていても何もいいことはありません。

ネガティブな思考や感情を抱えると世界は暗くなる

一度でも、怒りや悲しみ、不安や恐れを抱いてしまい、そこに囚われて支配されてしまうと、自分ではなかなか抜け出せません。

この時に、最も悲しいことは、他人が変わってしまった、良いことがない、世間が間違っている、と外側に原因を求め、全てを自ら歪めてしまうことです。

その思考を抱き続けることによって、その悪循環から抜け出せなくなり、貴重な人生を台無しにしてしまいます。

ネガティブな感覚は、感じていることに気づいたら、一度整理してから、手放し、捨ててしまうだけで世界は再び明るくなります。

最近いいことがない、冷たくなった、ひどいことをされる、と感じている自分に気づいたら、それは何かネガティブなものを自分が抱え始めているサインです。

誰かを責めたり、それをどうにかしようと行動しようとする前に、世界がそのように見えている自分き気づきましょう。

そして、内観し、意識と思考を整理していく作業を行えば、再び楽しい世界を展開することが出来ます。

ネガティブを手放す方法

嫌な感情は、感じていることを認め、吐き出すことによって消えます。

誰かと揉めてしまったり、不快になる出来事や、不運な事故に遭ってしまった場合、それらの事象をどのように解釈していくかによって、その後の人生は大きく変わります。

まず、感じていること、考えていることを認めましょう。

「あ、今私は怒っているな」

「悲しい気持ちになって、泣きたい気分だな」

これを、誰かに話したり、相手にぶつけたりはしないこと。

ただ、そのように感じている自分に気づくだけで十分です。

そして、そこから湧き上がる思考や感情を認めることが出来たら、次は吐き捨てて手放していきましょう。

怒りや悲しみ、嫉妬などは抱えていてもいいことはありません。

手放す作業はとても簡単で、心の声をしっかりと聞いて、吐き出すだけです。

心の中で叫ぶのもいいですし、声に出して言ってみるのもいいでしょう。

ただ、この時に絶対にやってはいけないことは、「誰かに話すこと」です。

必ず、吐き出す、手放す、捨てるという作業は一人で行い、他者へそれをぶつけないこと、一緒に抱えさせないことです。

最も効果的なものは、紙に書き出してゴミ箱に捨てるというものです。

一人で、好きなだけ、思いっきり感情を吐き出し、紙に書き出し、一度出したら捨てましょう。

これを行うだけで、次からは同じことは起こらなくなります。

心と世界は常にリンクしていますので、自分がネガティブを手放すだけで、楽しい日々が舞い戻ってくるのです。

全ての出来事は自分で変えられる

どの世界でも言われているように、外側で起こっていることは、何もかも自分の内側の反映でしかありません。

良いことがないと感じているのなら、心が歪み始め、思考がズレ始めているサインです。

それは、デトックスのタイミングを意味していて、思考や感情の整理をしなければいけない時期でもあるので、それにいち早く自分が気づくことが大切です。

感情は、外側へ吐き出して他者へ伝えてしまうと、何倍にもなって返ってきます。

言えば言うほど、やればやるほどにそれは増幅されていき、最後にはあなたがボロボロに傷つくことになります。

全ての出来事は自由自在に操作することが出来ますが、それは外側へのアクションではありません。

意識の中で、自分へのアプローチを変えていくだけで、いくらでも変えられます。

「上手くいっていないな」という時には、それをどうにかしてもらうと甘えたり、誰かを妬み憎んだり、僻んだりするのではなく、「最近何かがおかしいな」と自分を見つめ直すことです。

ほとんどの場合、誰かに伝えたいこと、理解してほしかった感情を吐き出せずないままでいることによって、上手くいかなくなっていきます。

また、自分を認めないことでも、ネガティブな出来事は発生していきます。

忘れてはいけないことは、外側では何も起こってはいません。

いつも、当たり前の世界、普通の出来事が繰り返し起こっているだけです。

抱いているものを認め、そこに執着するのではなく、手放してみましょう。

手放してみて、吐き捨てるだけで、嫌な出来事は全て消え去っていきます。

人生を変えるのは、実に簡単なことなのです。

あなたがもし、何かに悩み苦しんでいるのだとしたら、その抱いている思いをあなたが受け止め、静かに流して成仏させてあげましょう。

それだけで、全ては解決へと向かっていきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。



コメントを残す

*