目の前のことに力を一点集中させれば道は切り開ける!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

意識が広がり過ぎて、あれもしなければ、これもやらなければと考えてしまっている時は、物事は上手くいかないもの。

まず、目の前に出された課題をクリアすることによって、道は切り開かれていきます。

難しく考えてしまう時には、それほど難しい問題ではないことを、自ら複雑にしてしまっているだけです。

シンプルに考え、力を一点集中させてみましょう。

人間は、多くのことを同時にこなすことは出来ません。

マルチタスキングを可能にしたければ、シンプルになることです。

複数を同時に進めているように見える、仕事上手な人というのは、実はひとつのことに集中することに長けている人です。

まわりのことが気になり、他のことに意識が分散し、どれも中途半端に手をつけるだけになっているのなら、どれでもいいのでひとつに絞って力を注ぐことです。

どこから進んでも同じ

今の自分に出来ることと、与えられた課題、やらなければいけないことというのは、その絶対的な総量が決まっている以上は、どこから始めても同じです。

とにかく、どれでもいいので進めなければ、道は開かれません。

そのためにも、まず、進みやすいところを探してみましょう。

上手くいかないことは、とりあえずは保留にしておいて、上手くいくこと、進めることをどんどんやっていきましょう。

どこどうやっていったとしても、さほど変わりはないものなので、とりあえず目の前のことをやってみましょう。

力を一点集中させる

何でもいいので、とにかく目の前のことに力を一点集中させてみましょう。

出した力の分だけ、それに見合った結果が返ってきます。

エネルギーは常に等価交換ですので、やれることをどんどんやっていくのです。

力を注げば、それだけ前に進むことが出来るので、出来ることがあるのなら、尽力しましょう。

出来ないことはやらなくてもいいので、出来ることに全力を出していきましょう。

道は切り開かれていく

始めから正解の道を辿ろうと、いくら探しても考えても意味はありません。

どの道を進んだとしても、さほど変わりはないもので、とにかく前に進める道を真っ直ぐに進むだけです。

常に、進みやすい道を辿り、そこにエネルギーを注ぐだけです。

必ず道は切り開かれていくものなので、それだけを信じて突き進みましょう。

人生に正解はない

考えこんでしまったり、悩んだりすること。

意識が広がり過ぎて、周囲のことが気になってしまう。

そういった時には、少しだけ休んでみましょう。

心と体の健康を取り戻したら、どの道でもいいので、目の前のことに再び力を注ぎましょう。

考えるということは、どこかに正解を探すということです。

人生に正解はありません。

自分の外側には応えはありませんので、自ら見出した答えだけを信じ、その道を辿れば、物事は上手く進みます。

選んだ道が正解です。

今歩いている道が正解です。

その道を、迷うことなく、考えることなく進み、目の前の課題をクリアすることを楽しみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。



コメントを残す

*