いくら捨ててもスッキリしない時の心理と対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

断捨離、掃除、片づけブームが鎮まり始め、わりと当たり前の習慣となってきた今、それでもスッキリとしない方もおられるはず。

それは一体どうしてなのでしょうか?

また、そういった時にはどのように行動していけばいいのでしょうか?

物を捨てることは、執着を手放していき、支配から抜け出すこと。

そういった習慣を癖付けることによって、心も体も軽くなっていき、豊かに幸せに生きられるようになります。

それでも、なんだか心のモヤモヤがなくならない、いまいちスッキリしないということもあるかと思います。

そういった時には、再び取り組み方を見つめ直してみるタイミングかもしれません。

スッキリしないのはなぜ?

いくら捨てても、スッキリしないのはどうしてなのでしょうか?

考えられることは、最も手放すべきものをまだ捨てていない、持っていることが考えられます。

また、断捨離の目的がズレてしまい、自分と向き合う作業を除外しているのかもしれません。

捨てること、手放すことは、自分の内面を見つめ直す作業です。

本当に大切なものは何か?

それは今必要なものなのか?

これからどうしていきたいのか?

自分はどう在りたいのか?

捨てて行こうとすると、そういった自分自身がくっきりと浮かび上がります。

身軽に生きようと思えば、必ず何かを手放していかなければいけません。

その中での優先度を明確にしていき、これから何を手放し、何を大切にして生きて行くのかを心に問いかけてみましょう。

スッキリしない原因は、捨てることが目的となってしまい、そういった「自分を見つめ直す」ということが抜け落ちているのかもしれません。

スッキリ断捨離するために

では、その心のモヤモヤをどのように解消し、スッキリ断捨離するにはどうすればいいのでしょうか?

基本は、「全て捨てる」ということを念頭に置いたほうが、断捨離は上手くいくかもしれません。

何もかもを手放すことが、大切な何かを教えてくれます。

スッキリしない気持ちが消えないのなら、大事にしているものから見つめ合って下さい。

それを手放し、捨てるとどうなるかをイメージし、チャレンジしてみて下さい。

「いい加減、そろそろここを片付けよう」と思い立った時には、何を捨てるのかを基準にしていても、なかなか前に進みません。

その場所にあるものを一旦は全て出してみて、「何を残すのか?」を決めて、それ以外を捨てると簡単になります。

この作業に取り組んでいくと、必ず「生きるために何が大切なことなのか?」が問われることになり、自分の生き方を見つめ直すこととなります。

感謝の気持ちを込めてお別れしよう

今はもう必要でなくなったもの。

いつか使うと思っていたけど、もういらなくなったもの。

これまでに沢山活躍してくれたけど、使わなくなったもの。

邪魔だから捨てるということではなく、しっかりと感謝の気持ちを込めて、ひとつずつ手放してみましょう。

「今までありがとう」という思いとともに、流れに乗せて手放していくことで、心の整理は出来るようになります。

思い出は胸にしまっておき、今の自分が生かされていることに気づき、感謝することによって、手放すモノは成仏していきます。

心のわだかまりは、この手放す作業をしっかり行うことによって、ゆっくりと浄化されていきます。

必要なものは入ってくる

断捨離でよく言われることは、「必要なものは入ってくる」ということ。

これは本当の話で、常に今の自分に必要なものは、自分の元へと届けられます。

また、手放す作業で気づいていくことは、その対象は人であったり物であったり情報であったり経験であったりします。

全てを捨てて、全てを手放して、全てをやめると、今の自分が向き合うべきものが必ず舞い込んできます。

大切なものは、常に自分の目の前に流れ着いてくるように出来ているので、怖れる必要はないのです。

窮屈に感じ始めたら、モノを捨ててみて下さい。

意味がわからなくなったら、見るのをやめて下さい。

上手くいかなくなったら、それをやめて下さい。

辛くなったら、別れを切り出して下さい。

嫌だなと思ったら、そこへ行かないで下さい。

これらを文章にしてみると、ごく当たり前のことのように思えますが、人はつい頑張ってしまい、執着してしまいます。

断捨離は、よりシンプルに動きを変えていくために、身軽になっていくための習慣です。

あなたの大切なもの

捨てることを実行するためには、必ず自分と向き合う作業をしなければいけなくなります。

それは、いつか必ず訪れるものなのですが、日々の習慣の中に取り入れておくことで、自分自身をより深く理解することが出来ます。

あなたが大切にしていること、大切にしたいと思っていることは何か?

人間は、どうしても欲張ったり、見栄を張ったりしてしまうものです。

それは決してダメなことではなく、そんな自分の弱さも認めて、受け入れていきましょう。

その先では、「どうしてそうなってしまうのか?」という問いかけが待っています。

スッキリしないのであれば、納得のいくまで徹底的に削ぎ落としていってみましょう。

必ずあなただけの答えがそこで待っています。

絶対に大丈夫なように出来ていますので、怖れを手放し、勇気を出して全てを捨てることへと挑戦してみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。



コメントを残す

*