捨てることで前に進める

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

捨てることによって、人生は身軽になっていきます。

手放して、諦めて行くことで、心は楽になっていきます。

執着を手放すことは、認めること、受け入れることと同じ意味であって、心を豊かにし、人生を楽しいものにすることが出来ます。

思い悩んだ時や、行き詰まっている時には、シンプルに掃除や片づけ、ちょっとした断捨離をしてみることをおススメします。

これといった答えが見つかるかどうかは、絶対的なものではありませんが、確実に物理的にも心理的にも変化が起こります。

捨てることをいつも覚えておく

話がややこしくなったり、上手くいかなくなってしまった時には、捨てる、手放すを実行してみて下さい。

なんとなくでいいので、ひとつずつやっていくうちに、あなたの答えへと近づきます。

その習慣さえ忘れなければ、大体の場面はクリアできます。

詰め込み過ぎてしまうと、身動きがとれなくなったり、物事が難しく感じたりします。

思い出した時に、捨てるということをいつも頭の片隅においておき、行動してみましょう。

循環が心を潤す

上手くいかない時には、何かが滞ってしまっています。

どちらかに傾き、流れが悪い状態が続いています。

流れというのは、先に出口を解放しなければ、生み出されることはありません。

いらないものを捨てて、余計なことはやめて、自分に無関係のことは除外すること。

特に、今必要でないものや、生きるための重要度として低いもの。

そういったものは、持っていても余計にエネルギーを奪われるだけですので、手放してしまいましょう。

前に進み続けよう

以前は楽しかったこと、いいと思っていた物が、突然にそのようには感じられなくなった。

それが、心の変化によって起こるもので、当たり前のことです。

前に進むためには、心が躍らないこと、嫌な感じがするもの、苦痛になってきたこと、明らかに必要でない物を捨てることです。

それがまだ終わっていない、クリアしていないことなのであれば、何度でも自分の元へと舞い戻ってきます。

今やらなければいけないこと、必要なものを明確にするために、どんどん捨ててみましょう。

その中で、残されているものだけが、今の自分に最もふさわしいものでもあるのです。

このことをハッキリさせていくことが、前に進むということです。

迷う必要はない

全てを捨てて、手放してみましょう。

捨てることを捨てて、やめることもやめても構いません。

始まりは、やめること、手放すこと、捨てることからです。

何も持たない、ゼロの状態、ニュートラルポジションに自ら戻ることで、大きなものを得ることが出来ます。

迷う必要はありません。

高かったから、もらったものだから、もったいないから。

そういった価値観は、長い人生の中ではさほど大したものではありません。

その価値観さえも手放すことが出来れば、大きく飛躍できるはずです。

小さなことに囚われないで下さい。

まだ使えるかもしれませんが、迷わず捨ててみましょう。

仮にもし、それがあなたにとって必要なものなのであれば、必ずまた戻ってきます。

全てはなるようになっていくもので、上手く出来ていますので、怖れる必要はないのです。

全部捨てても大丈夫です。

捨てるということをやめて、全部持っていても大丈夫です。

何がどうであっても、それが正解への道しるべとなりますので、捨てる、やめる、手放すを常に意識し続けてみましょう。

全てが集まってくる

出した物を、後から受け取ることになります。

手放してから、それ以上のものを得ることになります。

自然界、宇宙の法則では、獲得すること、所有することは実際には不可能であって、流れ込んできたものを受け取ることしか出来ません。

手放して流していく、捨てて、放出していくことしか出来ないのです。

そして、後からその反射として、何かを受け取り、得ていくこととなるのです。

出来ることは、ただ解き放っていくことのみです。

出来るだけ、何もない状態、ニュートラルへと近づけるように手放し続けていれば、無限に流れ込んできて、そのゼロポイントへと流れ込んで来ます。

人、モノ、情報、お金などのあらゆるもの全てがそのように運動している限り、それに逆らうことは出来ないのです。

欲しいものが手に入らないのは、出していないからです。

与えたものを受け取り、出したものが入って来て、その無限に続く循環の輪の中に飛び込むことで、あなたはいくらでも自由になれますし、力なしで前に進むことが出来ます。

欲しいものほど手放せ

手放したものが、あなたの望む形となって返ってきます。

最も欲しい物ほど、差し出しましょう。

どうしても持っていたいもの、外側へと求め、要求しているものがあるのなら、それを外側へ与えましょう。

取りに行くのではなく、掴みにいくのでもなく、ただエネルギーとして与え続けることです。

それが、何倍にもなって自分の元へと返ってきます。

何度も何度も繰り返し行うことで、その流れは大きくなっていき、あなたが扱えるエネルギーは増幅し続けます。

得ることに喜びを覚え、少しだけ潤ったら、余ったものは次の人へと与えましょう。

忘れずに覚えておいて下さい。

求めているものを手放し、与えるのです。

欲しいものほど差し出し、捨てるのです。

それがいつか、大きな力となってあなたを支え、素晴らしい世界へと連れて行ってくれます。

自分を信じて、前に進み続けましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。



コメントを残す

*