ひとつずつこなしていく

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

忙しくて時間も人手も足りない。

おまけにお金もなくて、何をどうしていいのかわからない。

それは、果たして本当にそうなのでしょうか?

手に負えないほどの忙しさと、足りないものだらけで困っていると感じるのなら、それはあなたの意識が広がりすぎているだけかもしれません。

本当にやらなければいけないこと、今すぐにやるべきことは、一体何なのでしょうか?

一度頭の中を整理して、まずは目の前のことをこなすことからやってみましょう。

まずはそれをやりなさい

今すぐにクリアしなければいけない課題は、いつでもあなたのすぐ近く、目の前にあります。

忙しいと感じてしまうのは、出来ないことに手を出したり、今やるべきでないことまでやろうとしているのかもしれません。

また、他者の課題にまで踏み込んだり、終わったことや、まだ先のことなど、どうにもならないことを考えているのかもしれません。

どうにかしなければいけない問題は山積みかもしれません。

しかし、そこに辿り着くためには、それなりのプロセスが必要になってくるのです。

まずは、目の前の課題に取り組んでいき、こなすことです。

正しいのか間違っているのかは、今考えることではありません。

そこをクリアして、やりきることによって、新たなるステージへと進めるのです。

ひとつに絞ってやりきる

与えられている課題をまずはクリアすること。

そのプロセスの大切さは、後からわかることばかりです。

「そんなことをしても意味がない」「無駄な努力だ」と思ってしまうかもしれませんが、今目の前にある課題を経験しておくことは、後から必ず意味が出てくるものです。

逃げようとしたり、拒否し続けているようでは、あなたの成長は止まってしまい、本当にやりたいことも出来ない結果になってしまいます。

目の前のことに力を一点集中させれば道は切り開ける!

やりたいことがある、追いかけたい夢がある。

だからこそ、今目の前にある課題に取り組むべきなのです。

その経験は、あなたの夢を叶えるために必要となるものだからです。

考えることなく、目の前にあるミッションを全力でクリアしていきましょう。

与えられた課題をクリアし続ける

夢は、掴み取りに行ったり、目指したりするものではありません。

プロセスを経験せずに、無理矢理にその形を得たとしても、必ず同じ課題と向き合うこととなり、場合によっては、大きな痛手を負ってしまうことにもなるでしょう。

どのタイミングであれ、必要な経験は同じように起こります。

別の道を辿っていたとしても、同じことを経験し、同じ課題を与えられます。

常に、天から与えられる課題は決まっていて、どこをどのように進んでも、クリアしない限りは与えられ続けます。

見失った時にやること3つ

変えようとせず、動こうとせず、ただ与えられるミッションをこなすだけです。

それをクリアし続けていけば、願っている世界、欲しいと思ったもの、会いたかった人、必要な情報、叶えたい夢、幸せを感じる空間など、心の奥底で待ち望んでいるものは、向こうから来ます。

やることは、ただ目の前のことをこなしていくだけです。

あとは、勝手にあなたの元へと集まってきます。

これほどに簡単で、楽しく幸せな人生は在りません。

ただ、ひとつずつこなしていき、待ち続け、受け取るだけでいいのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。



コメントを残す

*