難しくなった時はひとつだけに絞ろう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

一度複雑になってしまうと、本来の目的を見失ってしまいます。

何のためにやっているのか?

上手くいかない時には、一度立ち止まってみて、もう一度冷静に考えてみる時かもしれません。

難しくなってしまったのは、どうしてなのでしょうか?

それまでには簡単に出来ていたことも、上手くいかなくなる時があります。

そんな時には、もがくのではなく、冷静になって目の前のひとつのことに集中してみるのです。

欲張ると難しくなる

あれもこれもと手を出すと、やっていくことの質が落ちるのは当然のことです。

いいかげんな気持ちでやったことは、それなりの結果しか出て来ません。

欲張っていると、形は徐々に崩壊していきます。

難しくしてしまっているのは、他の誰でもなく、いつも自分です。

上手くいかなくなった、どうしても出来なくなった時には、頭の中が複雑になってしまっています。

そんな自分に気づいたら、「止まれ」の合図だと思って、一度全てをやめてみて下さい。

そうすれば、それまでに見えなかった道が、目の前にあることに気づくはずです。

目の前のことをこなす

上手く行かない時には、まず全てをやめてみて、しっかりと休んで冷静になること。

そして、しばらく休んだら目の前のことに集中してみましょう。

今、まずやらなければいけないことから、ひとつずつクリアしていくのです。

順序を飛ばしたり、あれこれとやっているうちに、足元がぐらついていきます。

どんなことでもいいので、「今はこれ」と決めて、それだけに絞ってやってみましょう。

他のことは放っておいて、やるべきことに尽力することです。

楽しみながらこなそう

ひとつのことに絞っていくと、難しいと思っていた道が、徐々に開けていきます。

多くのことを求めず、まず目の前のことをクリアしていく。

こなしていくうちに、気が付けば目の前は晴れて行きます。

別の道を探したり、他の方法を考えたりしている暇があるなら、やれることをまずやってみるのです。

そして、それを楽しみながらこなしてみて下さい。

自らの力で課題をクリアしていくことは、とても楽しいことです。

誰かのためでもいいし、自分のためでもいい。

それが正しいのか間違っているのか、良いのか悪いのかはどうでもいいことで、与えられている課題をこなすことに集中し、楽しみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。



コメントを残す

*