手放すことはなぜ大切なのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

捨てることは手放すことでもあります。

これがどうして大切なことなのか?

古来より、「もったいない」という言葉がありますが、この「もったいない」のこだわることも執着であって、その執着心が欲張りであることを意味しています。

いらなくなったものは、そのタイミングで手放さないと、その対象物とあなた自身を苦しめてしまうことになります。

物を捨てることができない、お別れを受け入れることができないのは、不幸へと向かって行きます。

もう必要ではなくなったのに、何かに使えるかもしれないからと持ち続けるのは、対象となるモノや人を潰してしまうと同時に、それに対する執着から生まれる時間と労力が、あなた自身も消耗させてしまいます。

正しさや、快適さ、心の中にある感情は変化していきます。

それをしっかりと受け止めて、あるがままの流れに従って下さい。

捨てられないのはなぜ?

執着してしまい、捨てること、別れることができないのは、何かに怖れているからでしょう。

しかし、その怖れているようなことは、全て妄想でしかありません。

その先の未来は、抜け出してしまえば明るいものです。

消耗するだけの不幸な関係性に、まだ時間を費やせるでしょうか?

人生は時間です。

時間は命そのものです。

今この瞬間に幸せになれることを選ばなければ、執着すればするほど人生は不幸なものになっていきます。

苦しいようなことはやめて、楽しいほうへと進みましょう。

辛いのなら別れて、嬉しくなる時間を過ごしましょう。

嫌なことなどはやめて、好きなことをやりましょう。

人生とは、ただそれだけのシンプルなものでしかありません。

全ては今の自分自身

人生の主導権を握っているのは、全て自分自身です。

何をどうしようが自由であって、誰に何を言われても自分で決めることができます。

苦しいと言いながら、なぜそこにいつまでもこだわっているのですか?

辛いことをなぜいつまでも続けているのですか?

ストレスを感じながらもどうしてそこに居るのですか?

嫌だといいながらなぜ会いに行くのですか?

大変だと愚痴をこぼしながらそれをやっているのですか?

今の自分に問いかけてみましょう。

全て、自分でやっていることです。

嫌ならやめてしまえばいいだけのことです。

過去のトラウマ、未来への不安。

それらは全て妄想であって、今が全てです。

そして、自分の道は自分で決めることができます。

それは誰にも止めることができません。

沢山あって大変なら減らしましょう。

辛いなら別れましょう。

必要ないのなら処分しましょう。

今の自分にとって、それがいいものでないのなら、手放してみて下さい。

それが、あなたの人生を輝かせてくれます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。



コメントを残す

*