執着を手放すとはどういうことか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

この記事へ辿り着いたということは、今は少しだけ苦しい時かもしれません。

ですが、確実に状況は良くなりつつあるので安心して下さい。

これからは、もっと楽に、幸せに生きることが出来るので、その時が来るまでもう少しだけ待ってみましょう。

執着を手放すことが楽に生きる方法だと頭ではわかっていても、実際にその通りに生きることができないから悩んでしまうことでしょう。

執着とは怖れであって、その怖れがあなたの苦しみとなっています。

ここでは、執着を手放していくことへのヒントを、少しずつお伝えしていきます。

どうにかしようとしない

悩みや問題をどうにかしようとすることは、執着であって不幸のもとでもあります。

社会の中で生きていると、何かあるたびに対策をしてみたり、何かあった時のために準備をしたりすることが当たり前となってしまいます。

ですが、同じことは起こりませんし、予測している事態も起きません。

今何かを抱えて苦しんでいるのなら、それをどうにかしようとすることをやめてみて下さい。

問題は、自分が問題だと思ってそのことばかりを考えているから、問題となり、悩みとなるのです。

そのことはいずれにせよどうにもできないことなので、どうにかしようとせずに、次へと進みましょう。

そのうち、問題だと思われていたことは薄れていき、最終的には消えてなくなります。

今を生きる

執着を手放し、怖れをなくすことは、今を生きることへとつながります。

苦しい時、悩んだ時、考え込んでしまっている時には、そのことを思い出して下さい。

ただ、今を生きるだけで大丈夫です。

執着を手放せずに、怖れたままで動けなくなっているのは、今を失い続けていることになります。

未来や過去、ありもしない妄想の世界に閉じ込められて、抜け出せなくなっています。

今を大切に生きていきましょう。

人生は時間であり、時間は命そのものです。

幸せな人生を送る方法は、今目の前にある幸せをしっかりと感じていくだけです。

何もしなくても大丈夫

執着してしまうのは、何かを怖れているからです。

どうにかしようとすることは、何かから逃げようとしているからです。

何もしなくても大丈夫なのだと気づくことで、始めて幸せな人生を生きることができます。

あなたはただ、そこに生きているだけで素晴らしい存在であり、ありのままそのままでいるだけで、奇跡なのです。

頑張らなくても大丈夫です。

どうにかしようとしなくても大丈夫です。

そのままでいいのです。

全ては今、ここに完璧な状態で出揃っていて、幸せな世界は目の前にあります。

違う何かになろうとしたり、どこかへ向かったりする必要はありません。

もう何もしなくてもいいのです。

あなたはあなたのままで、今の生活を楽しみながら生きていて下さい。

幸せな人生を生きることは、ただそれだけでしかないのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。



コメントを残す

*