正しさよりも心に従ってみよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

自分がどうしたいのかわからなくなったり、何が正解なのかを探し始めたりすると、迷路に迷い込んでしまいます。

大切なことは、何が正しいのかではなく、心が何を願い、待ち望んでいるのかです。

周囲の意見に惑わされず、あなただけの答えに忠実に従って生きてみましょう。

生きるのが辛い時、思い悩んで前へ進めない時。

そういった時期は誰にでも来ることですが、頭で考えているその悩みこそが、悩みの本質的な原因です。

悩んでいるということは、既に答えは出ていますし、心が満たされる正解へは進めないでしょう。

あなたの世界にはあなたしかいません

悩んでしまうのは、世間の常識や誰かの余計なアドバイスのせいです。

外側の世界は全てあなたを惑わせる幻想でしかありません。

あなたが生きる世界には、あなたしか存在しないのですから、心に従って生きれば大丈夫です。

正しさなんて気にする必要はありません。

今のあなたが、今のあなたなのですからそれでいいのです。

心に従うことが、生きることの強さとなりますので、悩みそうになったら思い出しましょう。

心のブレーキを外そう

悩んだり苦しんだりするのは、やりたいことが出来ない状況が続いているからです。

では、どうしてそれが出来ないのでしょうか。

その先に出てくる答えは、他人の意見かもしれません。

しかし、そのもっと奥底で、足かせとなり、ブレーキをかけているのは、あなた自身ではないでしょうか。

心のブレーキを外し、好きなように生きれば、世界は見違えるほどに変化していきます。

誰に何を言われようとも、生きたいように生きればいいのです。

あなたを縛り付けているのはあなた自身なのですから、あなたがあなたを解放してあげて下さい。

生きたいように生きよう

周囲の人たちは、あなたにアレコレとアドバイスをしてくるかもしれません。

しかし、あなたはあなたでしかありません。

生きたいように生きるのです。

あなたらしく生きるのです。

それがあなたの物語となり、人生となるのです。

幸せに生きることは、誰かの幸せを真似ることではありません。

あなたがあなたでいられることが、最も幸せなことなのです。

あなたの心は、本当は何を願い、どこへ行きたいのか。

その心の声をしっかりと聞いて、自分に正直に生きてみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。



コメントを残す

*