どんどん捨ててどんどんやめていこう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

人生では、挑戦することがとても大切なことです。

しかし、それだけではどこかで頭打ちとなってしまうのも事実です。

何かを始めるためには、そのためのスペースを作ることが先です。

新たなことにチャレンジして、人生の方向性を変えたいのであれば、今よりもさらに増やしてもどこかで無理が来るでしょう。

どんなことでも、まずは片づけることからです。

何をするのかを明確に決めたら、そのための空白を用意しましょう。

空間的、時間的余裕を作っておくことで、新たな方向へとスムーズに進めるようになります。

まずはやめること、捨てることから

これまでにやっていたことに興味がなくなり、新たなものへと関心が移る。

それは、人として成長していることを意味していて、その変化は受け入れていったほうが楽に生きられます。

変化は正常な流れですので、そのまま上手くシフトしていけば、どんどん成長することができます。

ただ、受け入れる余裕を持っていなければ、挑戦も失敗に終わります。

過去に継続していたいことも、上手くいかなくなった、楽しくなくなったというのなら、それが事実です。

いつまでも執着するのではなく、素直に手放してやめてしまいましょう。

興味のなくなったもの、いらなくなったものはやめて、捨ててしまいましょう。

まず、やめる、捨てるを実行するだけで、次のステージへの道は開かれていきます。

立ち向かわなくても大丈夫

挑戦するということは、目標や理想に向かって立ち向かうことだと解釈しがちですが、実はそれもやる必要はありません。

捨てて、やめて、整えて待っていれば、次なる挑戦するべきものは、勝手に入ってきます。

その与えられた課題をクリアすることで、思い描いた未来へとあなたは導かれていきます。

必要なものは全て与えられるようになっていますので、終わったらやめる、捨てる。

次の課題のクリアにチャレンジする。

ただその繰り返しですので、自分から立ち向かったり、目指したりはしなくても大丈夫です。

何もしなくていい

捨てる、やめるをやっていれば、必ず次のチャレンジは課せられます。

それが今は必要なことですので、それをクリアするだけです。

自分から何かを増やしたりする必要はありません。

与えられた課題をクリアするだけです。

捨てる、やめる以外は何もする必要はないのです。

他人を操作しようとしたり、無理に自分を変えたりする必要もありません。

頼まれたことをこなし、終わったら片づける。

必要でなくなったら捨てて、やめていく。

自ら課題を増やさずに、与えられている課題だけに挑戦して、あとは待つだけです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。



コメントを残す

*