進みやすい方へ進めばいいだけ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

何かに邪魔をされたり、複雑に見えて難しくなってしまった時には、軌道酒精が必要です。

そこで、意地になったり、無理矢理押し通そうとすれば、どこかで大きな痛手を負うこととなってしまいます。

単純なことで、進みやすい方向へシフトしていけばいいだけなのです。

邪魔が入ったり、躓いて進めなくなった時にはどうしていますか?

ある程度までは頑張ってみるのも大切ですが、何が何でもと突っ走ってしまうと、それだけ大きな反動を受けてしまいます。

シンプルに、進みやすい方へ進んでみましょう。

感覚に従っていくだけ

軌道修正のサインは、いつでもあなたの中にあります。

上手くいかないことや、苦しくなっていくことは「そっちへ行くな」「今はまだその時ではない」というサインです。

進めなくなってしまった道を力で切り開くこともできますが、いつまでもそれが通じるものでもありません。

行き止まりだと感じたなら、別に進める道を選んで進むだけです。

「何故なんだろうか」「もっと頑張らねば」と思い始めたら危険信号です。

ダメなものはダメ。

無理なものは無理ですので、自分の外側を変えようとすることに力を注ぐのではなく、自らの行動を変えれば済むことです。

素直な感覚に従って、別の道を進みましょう。

楽しいことをやろう

苦しいことに耐える、怖い方へ行け。

そんな教えもありますが、そちらへ進んでも同じことです。

「それは違う」ということを学ぶだけであって、楽しいこと、好きなこと、得意なことが活かせる道を選んでいけばいいのです。

苦手克服や、不足を埋めようと努力することは、ただ苦しいだけであって、何も楽しいことはありません。

それはただの時間の無駄となり、才能を伸ばすことができないので、得意なことへと突き進みましょう。

やりやすいところ、上手くいっているところを見つけて、そこから道を切り開けばいいのです。

どちらでも同じなのですから、どうせやるなら楽しい選択をとるべきです。

道は目の前にあるはず

上手くいかないと思っていても、それはただその問題に執着しているだけだったりします。

すぐ脇に、別の道があるはずなのに、今の試練にこだわりすぎるから苦しくなり、進めないのです。

もっと簡単な方法、上手くいく手段は他にいくらでもあるのです。

そして、その進みやすい、楽しい道はすぐ目の前、足元にあります。

そこを通れば、何の問題もなく、不快を感じることなく先へと進むことが出来ます。

そのことに気付けるかどうかです。

今、どうすればいいのかわからなくなってしまったのなら、一度その歩みを止めてみて下さい。

そうすれば、また別の何かが見えてくるかもしれませんよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。



コメントを残す

*