黒カビの生えたカーテンをどうすればいいのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ステローです。

今回は、わりと小さな話題からです。

黒カビの生えたカーテンをどうすればいいのかという相談があったため、対応の方法を考えてみました。

あくまで私の意見ですので、参考程度にどうぞ。

白いレースのカーテンは、結露などで湿気を吸って、時間が経過すれば黒カビが生えてしまいます。

なかなか気づきにくいので、気づいた時には意外と手遅れだったりします。

まず、すぐにできそうな対応を考えてみて、紹介していきます。

1.漂白剤につける

黒カビは、結構根強いイメージですので、つけおきしないと落ちない可能性が高いです。

最低でも30分~60分以上はつけておくべきでしょう。

あまり期待はできないと思いますが、まずはやってみましょう。

2.洗濯する

つけおきの後に洗濯はかかせませんね。

普通に洗濯機でネットに入れて回せば大丈夫でしょう。

漂白剤につけずに洗濯機で洗うって手もありますが、まず落ちないとおもいますね。

3.天日干しする

直射日光は、殺菌効果があるために、白い物についたカビなんかは消えることがあります。

夏場の強い日差しがある場合は、本当に真っ白に戻ることがあります。

晴天であれば、真昼に天日干ししてみましょう。

4.捨てる

ここからが私ステローの強い意見。

白いレースのカーテンについた黒カビを落とす方法はいくつかありますが、私なら最初から「捨てる」の一択ですね。

いずれにしても落ちないことがありますし、時間のロスとなりますので、捨てます。

ここで、「もったいない」「お金がかかる」といった発想が出てくるかもしれませんが、そこに大きなヒントがありますので、しっかりとそこを掘り下げて考えてみましょう。

捨てることの意味を理解できたら、次から迷わなくなります。

最後に

今回は、カーテンの黒カビについて書かせて頂きました。

たまたまこういた質問が飛んできましたので、一応は真剣に考えてみました。

ですが、私はやはり一周まわって「捨てる」に落ち着きます。

答えは「どっちでも同じ」ということです。

お金がもったいないからと色々とやってみるかもしれませんが、そこでずれ込んだ時間。

そして、その時間があるのなら出来ること。

アルバイトの時給と考えてみると何かが見えて来ませんか?

「もったいない」はお金を優先しすぎていて、余計にお金を回せなくなってしまうだけなのです。

ダメなものは捨てて、生産的な行動を展開しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。



コメントを残す

*