徳を積むには掃除が一番!暇なら時には整えよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

徳を積んでいけば、幸せは舞い込んで来ます。

本当は、「徳を積む」ということは意識しないほうがいいのですが、善い行いなのであればそれは褒めるべきことですので、徳を積んで悪いことはありません。

できる力が余っているのであれば、少しでも次へとつながる行動をすること。

何をしたらいいのかわからない場合は、空いた時間はひたすら掃除をしましょう。

仕事やプライベートで、やることがなくなった時にどうしていますか?

次の作業はどうしようか、何か面白いことないかな。

と考えるのもいいのですが、それはちょっと待ったです。

そのほうが進んでいるように感じるのですが、手が空いた時にはまずは掃除です。

新たにタスクを増やすよりも、片づけや掃除を先にやりましょう。

それをやっているうちに、また次のステージが見えてきますので、暇になったら掃除をしましょう。

掃除だけしていれば問題ない

掃除をしない人は、まだ経験が浅いかもしれません。

片づけること、綺麗にすることで色々な気づきがあり、新たなチャンスが舞い込んだり、ひらめいたりもします。

また、掃除をいつもやっていると、その後には必ずいいことが舞い込みます。

やってダメなことではありませんし、掃除は必ず役に立つことです。

そこで提供した時間とエネルギーは、必ず自分へと戻ってくるので、暇な時には掃除をしましょう。

いらないものを捨てて、整理整頓を徹底すれば、必ず新たなチャンスが舞い込んで来ます。

何もなくても掃除をしよう

掃除を間に入れる生き方は、天に徳を積む生き方となります。

物を大切にし、場を浄化して、心を磨いていく。

やればやるほどに徳は積まれて生き、どこかでその徳が使われて自分へと返ってきます。

例え生きている間に返ってはこなくても、家族や身近な人たちを助けることにつながります。

何も起こらなくても、いいことがなくても、めんどくさいと思っても、掃除をしましょう。

そのうち楽しくなってくる

掃除をしようと促せば、必ず最初のうちはめんどくさいという気持ちが先行します。

その時にはそれでもかまいません。

めんどくさいのなら、そのままでいるのもいいでしょう。

しかし、必ず自分へと返ってきますので、掃除はしなければいけないタイミングが訪れます。

その為に、普段から意識して掃除をしていれば、楽にスムーズに進むことができるようになるのです。

片づけや整理整頓は、自分を楽にするための行いですので、やっていればそのうち楽しくなっていきます。

こんな場合はやめておこう

掃除は天に徳を積む行いのひとつではあるのですが、やめたほうがいい時もあります。

それは、掃除や片づけを嫌がっていっる人がいる場合です。

まずは自分のエリアを掃除することを徹底して、嫌がられているところには手を出さないようにしましょう。

何か不都合があったり、今は雑然としているべき理由がそこにあるかもしれないので、そのままにしておきましょう。

天に徳を積まれるのは、喜ばれる場合のみですので、嫌がられたらやめろのサインです。

また、汚いところ、掃除がされていない場所が過剰に気になり始めても、それは危険なサインです。

掃除だけが目的となってしまって、他人の出来ていないところばかりに目が行ってしまうので、大切な関係を壊してしまいます。

必要な範囲、出来るところだけを綺麗にして、少しずつ前に進みましょう。

掃除をするといいことあるよ

普段から掃除をすること、綺麗にすることを心がけていると、必ずいいことが起こります。

・スッキリする

・お金が貯まる

・健康になる

など、様々な効果が現れます。

めんどくさいからと避けているかもしれませんが、やってみればわかることです。

いつもきれいにすることを心がけていれば、必ず神様があなたの味方をしてくれるようになりますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。



コメントを残す

*