整理整頓で脳内デトックス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

片づけたい、捨てたい。

そういった気持ちが芽生え、衝動によって全て捨ててしまいた気分になるのは、何かのストレスが飽和に近づいています。

頭の中がいっぱいになり、心にも毒素がたまってきていますので、デトックスのタイミングです。

小さなイライラは、積もっていけば大きな爆弾となってしまいます。

こまめに整理整頓することで、その爆弾が爆発することを未然に防げます。

整理整頓を定期的にすることは、頭の中を整理する効果があり、生活や仕事、趣味やスポーツなど、あらゆる場面で活躍します。

上手くいかない時は掃除をしよう

仕事などでいつも忙しくしていると、小さなミスが続いたり、大きなトラブルのトリガーともなってしまいます。

また、一生懸命頑張っても上手く成果が出せない時は、さらに頑張ったところで同じことです。

まず、上手くいかないことに気づいたら、掃除や片づけをして、身の回りを整理整頓してみましょう。

そういった習慣をひとつ生活に取り入れることで、見違えるほどに物事の進み具合は変わります。

あれこれと同時に進行すると、複雑になっていってミスが増えるだけですので、よりシンプルな方法で進めるために、掃除と整理整頓をいつも心がけましょう。

頭の中をスッキリさせよう

作業を長時間繰り返していると、何をやっているのかもわからなくなり、悪循環に陥ります。

掃除や整理整頓をするだけで、頭の中がスッキリとして、今何をやらなければいけないのかが明確になります。

何事も、ひとつひとつしか進めることはできませんので、ストレスを感じたら一度頭の中をリセットしましょう。

クリアにすることによって、ふたたびいいスタートが切れますので、脳内をデトックスしていきましょう。

マルチタスクは危険

仕事でも家事でも、優れた人は複数のことを同時進行しているように見えますが、マルチな人ほどタスクはひとつに絞っています。

ひとつずつタスクをこなすことに集中することで、マルチにタスクをこなすことができるようになり、いつでも頭の中がクリアになっています。

まず、目の前にある小さな課題をクリアすること。

そして、ストップすれば次の課題に入れ替えて取り掛かること。

これをひたすら繰り返しています。

マルチタスクを可能にしようと、デスクまわりや生活空間に複数のものを持ち込むと、何一つ達成できずに終わったりしてしまいます。

マルチに進行することは、崩壊させてしまう危険性があるので、気をつけましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。



コメントを残す

*