今日が人生で最後の日かもしれない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

今という瞬間を楽しめないでいる人は、人生を楽しめない人かもしれません。

私たちは、生まれてから命尽きるまで、今という瞬間を連続して体感しています。

過去と未来は存在していなくて、いつもあるのは今だけなのです。

<--more-->

今に生きることは、人生を終える最後の瞬間まで精いっぱい生きることを意味します。

人生は、どこで終わると遂げるか誰にもわかりません。

今日が最後かもしれないし、明日その時が来るかもしれない。

あと数時間で世界が終わるかもしれないし、今からその道を曲がった先で命を落とすかもしれない。

そのこといつも、胸に抱きながら精いっぱい生きましょう。

今を失わないために

過去への後悔や、未来への不安は幻想でしかありません。

そのことに思いを巡らせることは、今を失うことでしかありません。

もちろん、記憶や予測の中には、大きな学びがあることも確かです。

ですが、目の前で起こっていること、今という瞬間を楽しめないでいると、人生はずっと不幸なままです。

いいことがあれば嬉しいし、苦しいことも生きている証。

何がどうであっても、生きていることは素晴らしいことで、目の前の現実を楽しむしかありません。

今を失わないためには、今とここをしっかりと感じ切ることです。

目の前にあるチャンスを掴め

今あるものをしっかりと感じ切って、チャンスがあるのならそれを掴みとりましょう。

人生では、全く同じことは起こりませんので、先延ばしにしていると後悔が残るだけです。

楽しいことが目の前にあるのなら、それを思いっきり楽しんでしまいましょう。

また、新たな流れが来ていることを感じているのなら、今すぐそれに乗って行きましょう。

どの道を辿ったとしても、全ては今を楽しめるかどうかにかかっています。

楽しさを追い求めよう

迷った時には、楽しいほう、幸せになれるほうへと進みましょう。

正しいかどうかなどは誰にもわかりませんし、楽しさだけが自分の中の正解です。

好きな方へと進み、楽しいことをやっていきましょう。

人生はいつどこで終わりを迎えるのかわかりません。

今、感じられることは、今しっかりと受け取りましょう。

ここではないどこかのことを考えたり、今ではない時間に気持ちが向けば、今は失われます。

楽しさを追い求めて行けば、どこで終わりを迎えても、悔いることはないでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。



コメントを残す

*