ダメ人間になることが幸せへの近道かもしれない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

幸せになることが、条件付きになってしまうと、いつまでも幸せにはなれません。

幸せになることは、今すぐに幸せである状態を自分から創り出すことです。

もしかしたら、私たちは成長することによって、真逆の方向に進んでいるのかもしれません。

頑張って来て、得たい結果が得られた人と、そうでない人とがいることでしょう。

それは当然のことであって、勝ちがあれば負けがあり、得る人がいれば失う人もいる。

優秀になれば優遇されて生き、より良い人生が送れる。

確かに間違ってはいないかもしれませんが、スキルや力をつけるだけになってしまうと、大切な何かを失っていくのかもしれません。

何に怖れているのだろうか?

頑張らなければいけない。

努力して乗り越えてこその人生。

人生を振り返ってみれば、確かにそうかもしれません。

しかし、自ら苦行に耐えようとすることには、どんな意味あるのでしょうか?

何に怖れて、力をつけようと必死に頑張っているのでしょうか?

それをしなければ大変なことになる。

果たして本当にそうでしょうか?

恐怖を元に行動をし続ければ、どこまでも恐怖から逃げることになります。

それよりも、楽しさに向かって生きるほうが、幸せな生き方だと言えます。

諦めたほうが楽に生きれる

頑張って出来るようになることは素晴らしいことです。

しかし、何でも自分でやろうと能力をあげていくことは、他人の感謝を得られなくなってしまうことにもつながります。

出来ないことは諦めて誰かに任せて甘えて生きる。

そのほうが、ずっと楽しく幸せに生きられますし、人への感謝も忘れることはありません。

諦めることは、楽に生きるために重要なことで、流れに逆らわない、苦しくない生き方へとシフトできます。

ダメ人間だから幸せが舞い込む

真面目で頑張り屋の人ほど、辛さや苦しみを味わって、なかなか幸せになれなかったりします。

なんでも適当でいいかげんな人間ほど、毎日笑って生きていたりもします。

ダメ人間ほど、まわりが助けるようになっていき、互いに支え合うことを大切にしていると感じます。

正しさよりも楽しさを重視しているのがダメ人間で、言い換えるとダメ人間ほど優れた人とも言えるのでしょう。

優秀とは、優しさに秀でていることを言い、能力が高い人のことではないようです。

能力を身につけていくと、性格はきつくなって優しさが失われることが多々あります。

頑張るのが面倒で、ダメ人間と呼ばれる人ほど、人に優しかったりします。

もしかしたら、近くにいるポンコツな人が、一番幸せに生きているのかもしれませんよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。



コメントを残す

*