引き寄せの法則の真実

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

引き寄せの法則は、いつでもどこでも働いている宇宙の法則で、自ら選択したものが現実として現れる法則をいいます。

これは、現実は全て意識によって創られているもので、全て自らの心が引き起こしている出来事でしかないということなのです。

この現象を活かすことで、どんな現実でも実態として目の前に出現させることが可能になります。

あらゆる事象は、自分の意識が投影されて起こっているもので、どんなことでも全て心が引き寄せたものです。

表現としては、引き寄せているとも言えますし、選択しているとも言えます。

こういった類の話は、スピリチュアルなものに聞こえるかもしれませんが、科学的、心理学的、哲学的にもひとつの線で結ばれる理論です。

歴史の偉人達も同じ現象を違った表現で遺されています。

この事実を知り、さらに活用することができれば、望んだ結果を得ることが出来ます。

今の状態が未来を引き寄せる

引き寄せの法則は、心で願っていること、潜在意識にあるものを必ず引き寄せてくるというもの。

違った表現では、見ている現実は心の投影であって、思いが実体化しているとも言えます。

今の状態が未来を創るとは一体どういうことなのか?

どれだけの思考を巡らせたとしても、私たち人間の感じている世界とういのは、今というタイミングとここという場所しか存在しません。

次の瞬間も、そのまた次の瞬間も今であり、どれだけの距離を移動したとしても、そこが自分の「ここ」になるだけです。

つまり、心が現実を引き寄せるというのは、何をしようがどこへ行こうが心の状態が実体化するので、同じことがずっと繰り返されるとういことです。

そのことに気づかなければ、外側を変えるばかりで新たなものは何も引き寄せることができません。

同じものを引き寄せ続けるだけで、今不安を抱えている人は何度も同じ現実を味わうことになり、今幸せな人は何度も幸せな現実を味わうことになります。

時間は流れてはいない

人間は、時間が流れているとうい概念で社会を文化を創り上げてきましたが、それも人間が生み出したものでしかないので、そう認識しているだけです。

人類が考える上では、過去から今、今から未来へと時間が線のようにつながっているイメージかもしれませんが、今という瞬間が点のようにあり、その点が連続してそこに存在しているだけです。

人間が時間が流れているように感じているだけで、時間は流れていないことはバシャールと交信しているダリル・アンカやアインシュタインも提言しています。

ただ意識の中には今があるだけで、過去や未来があると思って頭でイメージしていることも、それを自分が今作っているということにしかならないのです。

アドラー心理学のアルフレッドアドラーも、トラウマは存在せずに今何かの目的を達成するために過去の出来事をまるで現実化のように創り出していると言われていました。

このように、時間は流れてはいなくて、今ここで感じているもののみが確実に存在するもので、あるのは感覚だけとなります。

量子力学論でも、実態として出現するまでは妄想としています。

これらの理論や実際の現象から辿っていくと、引き寄せの法則の真実に気づくことができます。

今すぐ実行せよ

引き寄せの法則を活用しようと思えば、今ここで何をするのかということを考えて、それを実行に移すしかありません。

自分が今、不安になっているのなら、次の瞬間も不安になっています。

それが、不安な未来を引き寄せている、不安から生まれる妄想が、心にあるものがが現実として実体化させているとういこと。

自分が今、幸せであるのなら、次の瞬間も幸せになっています。

それが、幸せな未来を引き寄せている、幸せなから生まれる妄想が、心にあるものが現実として実体化させているとういこと。

では、引き寄せの法則によって何を願い、それを現実化させていくのでしょうか?

その問いかけに、ほとんどの人たちが、幸せな未来を引き寄せたいはずです。

となれば、今何をすればいいのかは明確になっていくはずです。

あなたがなりたい自分に今すぐなること。

なりたい自分、願っている世界、求める幸せが今すぐ実行できないと考えることは、物質界、現実世界でのお話で、それは関係ありませんので考える必要も行動する必要もありません。

あなたが今すぐになることは、今すぐ幸せになること、幸せな気分を創ることです。

それは何も難しいことではなく、簡単に出来ることです。

引き寄せの法則で、心の願いが現実として実体化させていることの真実を知れば、やることはとても単純になります。

今、幸せになるだけです。

生きる世界は自由自在

引き寄せの法則を使いこなし、幸せな未来を現実化させることはとても簡単です。

同じ状態、同じ今が連続して起こるのですから、今それを実行するだけ。

今、自分の心を幸せにするだけ。

今、幸せを感じることを即行動するだけです。

生きている世界は、意識で創られているので、いとも簡単に現実は変わってしまいます。

我慢や忍耐、根性論などのような現実世界のまやかしの精神論に騙されないで下さい。

今、幸せになるだけです。

現実はパラレルな世界が同時に存在していて、どの色の世界を生きるかは、意識によってシフト出来る物なのです。

同じ事象と呼ばれることが起こっても、世界がパラレルな以上は、それぞれに起っている現象が違います。

交通事故が不幸な世界があると同時に、それが幸せな世界も同時に存在しています。

それが、バシャールの言っている並行世界です。

そして、バシャールは現実を選択だとも言っています。

そして、その選択は今という瞬間、毎瞬起こっていることで、それが連続しています。

アドラーも、今という刹那の瞬間に生きろと言ってます。

選択はいつでもすることができ、それが次の瞬間に来る出来事を決定づけています。

この意識による現実の実体化が、引き寄せの法則と呼ばれ、思考は現実になると伝えられているのです。

全ては選択であって、今すぐに幸せを選択するだけで、幸せな現実は次々と具現化されて、引き寄せられてくるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。



コメントを残す

*