出会いも別れも自然現象

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

嬉しい出会いがあれば、悲しい別れもあります。

それでも、受け入れるしかないのが現実です。

また、それも人の流れであり、自然現象であるということなのです。

生きていれば、様々な出会いと別れがあるものです。

何気ない日常の中でも、絶えずそれが繰り返されています。

近づいたり、離れたり。

それを繰り返しながら、留まることなくどこかへ流れていきます。

執着を手放し、全てが流れであると知れば、寂しさも辛さ、悲しみも全て、これからを生きる糧となるでしょう。

終わりは始まり

何かを手放せば、また次の何かが入ってきます。

失うわけではなく、役目を終えて去って行き、再び何かを得る時が来るのです。

終わったのであれば、それは次の始まりを意味しています。

全ては流れであって、自然現象のひとつでしかありません。

いなくなった人は、全てを全うし、肉体が滅びて別の世界へ旅立ったのです。

離れていった人は、全てを学び、互いに卒業したということです。

変わってしまった人は、心が共鳴しなくなっただけです。

その時には悲しい現実であっても、それはまた新たな幸せを手にするために必要な経験なのです。

全ては、自分自身の幸せのためであって、辛い出来事も受け入れることによって、新たな道へと進むことができるのです。

執着は成長を止めてしまう

辛いから、悲しいからとしがみつき、いつまでも過去に執着していると、そこで成長が止まってしまいます。

また、上手くいかなくなったことを受け入れないでいると、同じことを何度でも繰り返します。

執着は、前に進むのを拒むことで、流れを止めてしまうために、互いに成長しなくなってしまいます。

不安はあるかもしれませんが、流れに沿って生きていくことで、必ず安堵するところへと流れつきます。

出会いや別れは、全て意味のあることで、両方があるからこそ、多くのことを学べるものなのです。

自然な流れに逆らわず、誰もが生きたいように生きれば、なるようになっていくものなのです。

自然現象が最高の結果を生み出す

無理に流れを変えようとしたり、力でどうにかしようとしても、それは長続きはしません。

執着して必死にしがみついたところで、次第に力尽きて流されてしまいます。

それならいっそのこと、流れに身を任せて、その先で待っている結果を楽しみに待ちましょう。

ジェットコースターを下るように、川下りを思いっきり楽しみながら、流れにのっていくことで、最高の結果を得ることができます。

この世界はいつでも、自然現象がベストな状態を生み出し、揺るがない形を形成します。

ありのままそのままで、流れにのってしまいましょう。

自然体であること。

そして、自然と一体となることで、理想の人たちと出会える日が来ることでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。



コメントを残す

*