誰でも簡単に喜んでもらう方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

人生は人を喜ばせるゲームです。

仕事とは、自分の成果を挙げるためのものではなく、人の笑顔を作ることが基本です。

余計な知識や情報は必要ありません。

特別な技術もいりません。

人を喜ばせることが得意な人が、幸せに生きることができる人なのです。

ここでは、人を喜ばせるための簡単な方法を紹介します。

難しく考えたり、自らの意思が強すぎると、複雑になってしまうので、人を喜ばせることだけに集中し、実践へと結びつけていきましょう。

してほしいことをしてあげる

行動の基本は、まずは自分がしてもらったら嬉しいことをしてあげることから始めましょう。

因果応報という絶対法則があるため、したことは必ず返ってくるといいます。

自分の中で、「嬉しいな」と思ったことがあるのなら、それをどんどん他の人にもやってあげましょう。

それだけで、自分を取り巻く関係に大きな変化が訪れます。

相手の要望に応える

してほしいことをしてあげることが基本であっても、何も頼まれもしないことをやりすぎると、それは押し付けとなって迷惑となります。

「これをすれば喜ぶだろう」というのも、自分の勝手な解釈と判断となるので、一方的にならないように、「応える」という意識を大切にしましょう。

最も簡単なことは、こちらから極度に働きかけるのではなくて、相手の要望に応えていくことです。

「してあげる」という行為も、少し傲慢なところがありますので、余計なことをせずに相手の出す要求をどんどんのみ込んでいくことが簡単な方法です。

要求の多い人は、わかりやすい人ですので、余力がある限りは応え続けていきましょう。

とにかく褒めて肯定する

ダメだしをすることは、誰も幸せにはなれません。

いいところを見つけて、そこをしっかりと褒めて、できたことを肯定していきましょう。

それが、必ずあなたも、あなたを取り巻く人たちも全て幸せにしてくれます。

少しでも良いところがあったら褒める。

できたことを認めて肯定する。

「いいじゃない」「よくできたね」「やってみよう」

そういった前向きな言葉が、人を喜ばせて、幸せにしていくものです。

できることから始めよう

人生は、人を喜ばせるゲームのようなものです。

いいところを見つけて褒めていく。

たったこれだけで、どんどん幸せになっていきます。

爆発的に人気となっているSNSの世界には、「いいね」しか存在しません。

そこに人々が集中していくのは、人間として当たり前の動きとも言えます。

だからと言って、特別なことをする必要はありません。

あなたの日常生活の中で、出来ることはいくらでもあるはずです。

遠くへ飛ぼうとしなくても、まずは一番近いところで出来ることをやってみて下さい。

ただ、それを毎日積み重ねていくだけです。

いいところを見つけて、褒めていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。



コメントを残す

*