直感とは何か?あなたの力を解放させよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

大きな偉業を成し遂げている人たちはみな、大事な場面ほど直感で決めたと言います。

それがすごいことだと思うかもしれませんが、それは第三者目線で見ているからです。

神格的な直感は生まれつき誰にでも備わっているものなのですが、大人になるにつれて、その力は薄れていきます。

それでも、再びその力を取り戻し、目覚めることは可能です。

直感を研ぎ澄ませ、あなたの力を解放させていくために、ひとつずつ進んでいきましょう。

直感とはなんなのか?

直感とは、ただ、あなたの中にある感覚のことです。

それが、他人から見れば突出した力に見えているだけです。

あなたの中にある「なんとなく」が直感であり、それがあなたを正しい方向へと導いていき、あなたの力をひとつずつ解放していきます。

人が生まれた時には、何もできませんし何も考えてはいません。

だからこそ、常に感覚だけで行動していき、何の疑いもなく何もかも周りの人たちがやってくれるのです。

直感は、「なんとなく」のことなのです。

感覚を信じて進もう

まだ経験が重ならないうちは、自分の感覚を信じ切れていません。

その感覚を失ってしまう原因は、社会の常識や、秩序を守るためにルールであったりもします。

それらも大切なものではあるのですが、そうしなければいけないというわけではなく、どれも感覚に従って生きることと重なっていきます。

人としての感覚さえ失わなければ、道に迷うことは絶対にありません。

あなたはあなたの感覚だけを信じて進んで下さい。

疑ってしまう、信じ切れない原因は、周囲が否定的なことを言ったり、周りの人たちがそうしていなかったり、成功体験が少ないだけです。

感覚に従って進めば上手くいくという経験を重ねていくと、そのうち自分の感覚を信じることができるようになります。

結果は後からついてくる

感覚に従い、直感に従い、「なんとなく」で決めて進み続ければ、結果は後から必ずついてきます。

それがただ、周囲から見れば「すごいこと」に見えているだけです。

「普通ならこうする」

「それが常識だ」

そういった意見は、社会の構図を守るために言っている理屈でしかありません。

それよりも大切なことは、感覚で決めることです。

成功者が直感で決めてきたというのは、本人にすれば恐らく当たり前のことであって、なんとなくそうだと感じたからのはずです。

怖い時もありますが、何度も経験すればそれは慣れてくるものです。

感覚に従っていき、周囲がそうしなくても、自信を持って進むことによって、全てが上手く回り始めます。

力を解放させて覚醒していく

感覚でひとつ決めるごとに、ひとつの力が解放されて新たな覚醒を生みます。

それを人は成長と呼んだりもしますが、あなた自身の中では目覚めであるだけです。

そうやって、ひとつずつ力を解放していくことによって、できることの範囲は広がっていき、怖れるものは少なくなっていきます。

「しなければいけない」

「するべきだ」

といった気持ちでやったことや、誰かに強要されたり真似たりするものは、力の解放とはなりません。

何かを感じて、「やってみよう」と思ったところから、覚醒が始まります。

どれが正しい道かを考えることに意味はありません。

感覚によって突き動かされる時を待ち、その心の声に従って、直感に従って行動すれば、力はどんどん解放されていき、圧倒的な輝きを放つことができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。



コメントを残す

*