自分の「好き」を大切にして生きる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

大切なものは、正しさではありません。

自分が何が好きで、何を感じているのかということ。

人はが「好き」を失ってしまえば、生きるのはとても辛くなります。

心のまま、ありのままに生きて、あなたの「好き」を大切にしましょう。

正論は心を蝕んでいく

正しいことは、確かに正しいことです。

しかし、ルールや常識などというのは、危険を回避するために生み出されたものであって、守ることだけが目的ではありません。

正しさばかりを追い求め、他者へ押し付けてばかりいると、人の心を失ってしまい、最後には不幸になります。

人は、幸せになるために生まれたのであって、今この瞬間も幸せであることが重要です。

迷った時には、正しいほうを選ぶのではなく、好きなほうを選びましょう。

感覚だけが人を導いていく

生きて行くための正しいマニュアルなどどこにもありません。

それがもしあるのだとしたら、あなたの心の中にあります。

それは、未来を予測するものではありませんが、常にある「今」という瞬間には、必ずあなたを導いてくれます。

大切なことは、心で何を感じているのか。

全ては感覚だけで十分なのです。

人として何を感じているのかだけが、人を導いてくれるのです。

感じた通りに行動することによって、幸せは積み重ねられていくのです。

「好き」を拾って行こう

あなたの中にある「好き」という気持ちを常に大切にして下さい。

それは、自分の中から生み出された、とても貴重な幸せの種です。

小さな好きを辿っていくことは、小さな幸せを拾っていくことです。

いつでも幸せは目の前にありますし、どの瞬間も幸せで溢れかえっています。

「好き」を見つけ出し、「好き」を大切にし、「好き」に身を任せて行動してみましょう。

それだけで、毎日は幸せになっていくはずです。

流れるように生きて行こう

苦しくなってしまうのは、「好き」に逆らってしまうからです。

我慢しても何の意味もありません。

「好き」は「好き」でしかなく、好きなのですからそれでいいのです。

それ以外には何も必要はなく、心に従って生きて行くだけでいいのです。

嫌なところからは離れて、好きなところへと向かうのは、自然の流れとして当たり前のことです。

その流れに乗って、そのまま流されていきましょう。

そうすれば、毎日は必ず幸せになっていくでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。



コメントを残す

*