何をしたらいいのかわからない人はこれをやってみて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

今あなたがどのような状況にあるのかわかりませんが、何をしたらいいのかわからないということだけはわかっています。

そんな時に、やってみてほしいことがあります。

どれかが絶対に正しいという正解はありませんが、何かのヒントにはなっていくはずです。

できそうなことがひとつでもあれば、まずはそこから始めてみましょう。

・何もしない

何をしたらいいのかわからない時には、何もしないというのも一つの答えです。

わからない時にはわからないものなので、別のそのことに頭を悩まさずに、ありのままの現実を受け入れて、何もしない時間そのものを楽しみましょう。

何かをしなければいけないと思うほど苦しくなりますので、何もしなくてもいいんだと自分に許可を出し、何もかもやらずに待ってみましょう。

・好きなことをする

何をしたらいいのかわからないというのは、何が正しいことなのか探しているだけなのかもしれません。

そういった時は、まずは正解を探すことをやめてしまい、好きなことだけをやりましょう。

やることが思いつかないということも、幸せなことなので、それまでに出来なかったこと、やりたかったことをやってみましょう。

それだけで、何かが変わっていくのかもしれません。

・人を喜ばせる

ある程度のことはやっているのだけれど、そこからどうしていいのかわからないという場合もあるでしょう。

そういった時には、正しさや答えを探すことはやめて、人を喜ばせることをやってみましょう。

出会った人たちをとにかく笑顔にしていくということだけやっていれば、そのうちそれが楽しくなっていったりもします。

したことは返ってくるものなので、何をしたらいいのかわからないのなら、とりあえず近くの人を喜ばせましょう。

・頼まれたことをやる

何をしたらいいのかわからなくても、とりあえず言われたこと、頼まれたことだけがわかるのなら、それをやっていきましょう。

そこに意味を考えたりする必要はなく、頼まれたのだからやると単純に考えて、やるだけやってみましょう。

そのうち、それが上手くいったりするかもしれないので、何も考えずに取り組んでみましょう。

何をやっても正解になっていく

どの道を通っても、何をやっても全て正解となっていくものです。

何をしたらいいのかわからないという時は、「やらなければ」と思っていたり、上手くいく方法や正解を探しているだけかもしれません。

それはとりあえず一旦置いておいてから、なんでもいいのでやってみれば次のことが見つかります。

全て正解の世界に生きているので、何をやってもいいのですから、あまり深くは考えないことです。

悩むことや、考えることも正解で、何もしないことも正解。

何がどうであろうと、どこをどう辿っても、生きているだけで全てが正解になりますので、「何をしたらいいのか?」という気持ちそのものを捨て去ってしまいましょう。

「何をしたらいいのか?」の答えは「何をしてもいい」ということなのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。



コメントを残す

*