過去の後悔と未来への不安を消し去る方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

人生が辛く苦しいものになってしまうのは、「今」「ここ」に生きられないから。

辛い出来事があるから今に集中できないのではなく、今を生きないから苦しくなっていくものなのです。

それでも、心が疲れ切ってしまうと、今に集中できなくなるからさらに苦しくなり、悪循環から抜け出せなくなってしまいます。

それでも、少し思考をシフトしていき、人生の真理を知っていけば、過去への後悔も未来への不安も全て消え去っていきます。

どれを選んでも同じ

人生は、選択の連続なのは確かです。

しかし、人が生きていく道は、全て潜在意識によって動かされています。

頭で考え、どちらが正解なのかと探すことは時間の無駄です。

本当の答えは、どちらでも同じだということ。

選択によって、未来は変わっていた。

そう思うかもしれませんが、それは辿っていく道がただ違うだけで、どちらにしろ同じところへと再び辿り着くことになります。

どれを選んでも、何をやっても必ず同じところへと行き着くのです。

選択肢の中に、ひとつの正解の道などはなく、あるのは全て正解だという真理だけです。

人生は自分次第

どちらにしろ同じところへと辿り着くのなら、全ては決まっていることだと言えます。

それなら人生は変えられないものだと感じるでしょう。

しかし、運命は決まっているからこそ、生き方をいくらでも変えることができるということです。

人生は、最終的な着地点がどうなのかではなく、そこに辿り着くまでの軌跡が人生であるということ。

いずれにしても同じところへたどり着くのなら、どの道をどう通っていきたいのかだけです。

それを決めることが出来るのは自分だけ。

結果的にはさほど変わりはないのだと知っていれば、おのずと選ぶ道は決まってくるはずです。

好きなほうを選び続けよう

選択を迷う必要はありません。

むしろ、選択になってしまった時点で、それはもう立ち止まっていることになります。

何も考えずに、好きなほうに行き続ければいいのです。

もはや、選択すらない幸せな人生を描くことが出来ます。

感覚だけに従って、どんどん好きなほうを選んでいきましょう。

楽しいのが好きならそっちへ行き、苦しいのが好きならそっちへ行く。

どちらも出口は同じところへとつながっています。

それを知った上で、自分がどうしたいのかだけです。

「好きなこと」を大切にして、ただ好きなほうへ進めばずっと幸せな人生を歩めます。

過去も未来も関係ない

過去の出来事に悔やんでいるとしたら、それは意味のないことです。

それは、いずれにしてもそういった結果になっていたのです。

「あの時こうしていれば」と思うかもしれませんが、そうしていても結果は同じか、さらに辛い出来事になっていたかもしれません。

未来を不安に思っているのなら、それも意味のないことです。

今、何をどのように選択したとしても、行き先は決まっているのですから、考えるだけ無駄です。

そして、人は必ず幸せになれるのだと決まっていますので、安心していいのです。

何がどうなっていこうと、全ては上手くいっている途中経過でしかないので、心配するだけ無駄なのです。

どこをどう進んでも、何がどうなっても、どこへ行っても、何をやっても。

幸せになれると決まっているのですから、選択にはあまり意味はないのです。

この世に命を受けた時から、幸せは約束されて決まっていることです。

だからもう、考えることをやめて、好きなことをやって、好きなほうを選んで。

目の前の幸せを拾っていけばいいだけなのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。



コメントを残す

*