断捨離で上手く捨てていくコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

断捨離しようと決意し、捨てようと思ってもなかなか捨てられない。

慣れるまでは難しいかもしれませんが、コツさえ掴めば捨てるのも上手くなります。

小さな意識改革によって、未来は大きく変わります。

コツを掴んでどんどん削ぎ落していきましょう。

捨てるコツ

まず、捨てるという決断から行動へ移るため、自分の中で基準を決めるしかありません。

そこから、実際に決行してみて、慣れてからコツを掴んでみて下さい。

思っている以上に簡単になっていき、捨てるのが上手くなるのでチャレンジしてみましょう。

1.失うものを考える

捨てようとする時に、どうしてもそれを失うことが怖くなります。

しかし、そこで真剣に考えなければいけないのは、それを持っていることによって失うもの。

捨てると失うと思いがちですが、本当は逆で、持っていると失い続けます。

手放すことで大きく得られるものが必ずあるのです。

持っていて、どんなメリットとデメリットがあるのかをよく考えましょう。

それがあるだけで、エネルギーは奪われてしまうことは確かにありますので、自分の人生からは排除するべきだと考えましょう。

2.支障のないものから捨てる

捨てるコツを掴むには、とにかく捨ててみるしかありません。

まず、生活に支障のないものを選び出し、捨ててみて下さい。

持っていたい理由は、大した理由ではないはずです。

怖いかもしれませんが、それほど大きな痛手を負わないものから捨ててみましょう。

そうすれば、自然と断捨離のコツを理解できます。

捨てたものは、数日も経てば思い出せなくなるのが現実なのです。

3.今必要か?

捨てるのが苦手な場合は、今必要でないものを持ちたがっています。

しかし、持ち続けることは、過去や未来に生きることになってしまい、今を失い続けます。

コツを掴みたいのなら、今必要かどうかだけを基準にして、それ以外のものは処分対象としましょう。

4.視界から外す

必要かどうか、自分を試すためにも、一旦視界から外してみましょう。

そのまま日常生活を送ってみて、忘れていくようでは捨てても大丈夫なものです。

コツは、実際に使っているのかどうかを自分で知り、それを受け入れるだけです。

そして、認めることが出来れば、処分してまいましょう。

断捨離のコツを掴みたいなら〇〇しよう

断捨離で上手に捨てていくコツを掴みたいのであれば、やることは簡単です。

捨てればいいのです。

捨てられないのは、ただ怖がっているだけです。

断捨離していけば理解できることですが、捨てても何も起こりません。

むしろ、手放していくことでそれ以上のものを得ることができます。

持ち続けると、間違いなく失い続けることになります。

やらなくてもいいこと、持つ必要のないもの、行かなくてもいいところ。

手放すことで得るものがあります。

捨てるのが上手くなりたいのなら、まず捨ててみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。



コメントを残す

*