今日から幸せになるため3つの心得

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

幸せになることは、今この瞬間から出来ることです。

何かをしたから、手に入れたから幸せになるのではありません。

幸せはただ、感じていくものです。

いつも足りないと思って、理想とする幸せの形を追い求めていくと、永久に幸せにはなれません。

仮に、一時的な幸せを感じられても、それは幻想であって、すぐに消えていってしまいます。

それだけでなく、そういった一時的な快楽は、その後の落ち込みも生み出します。

快楽が強ければ強いほど、跳ね返りは大きく、心はダメージを受けてしまいます。

振り子のようなもので、その動きを止めてさえしまえば、ずっと幸せにいられるものなのです。

今回は、幸せになるために心得ておきたい3つのことを紹介しますので、生きるヒントとして下さい。

1.諦める

「諦めない」といった情熱を感じる言葉が、時として自分の人生を不幸なものにしてしまいます。

「もっと高みへ行きたい」

「やれるはずだ」

それは、美しくもありながら、長期的に見れば危険な執着というものです。

ダメなものはダメで、無理なものは無理。

出来ないことは出来ないし、上手くいかないものは上手くいかないのです。

苦しみは、綺麗さっぱりと諦めて方向転換できない自分が生み出しています。

一歩間違えれば、大きなトラブルにつながるのが執着心ですので、諦めることを癖付けておきましょう。

ダメならやめる。

無理なら違うことをする。

それだけで、心は苦しまずに済むはずです。

2.頑張らない

何かのために頑張ることは、間違いなく素晴らしいことです。

しかし、それは無意識にやっていることを周囲が「頑張っている」と評価しているだけ。

「頑張ること」そのものが素晴らしいこと、すごいことだと思うと、人生は辛いものになります。

頑張ったら評価されるという間違った価値観が、頑張るの競争を生み出し、互いに窮屈な人生を創り出します。

やろうと思った時に、やる気を出してしっかりとやればいいだけ。

それを人はただ「頑張った」と言っているだけです。

わざわざやらなくてもいいことをやって、頑張ったんだからと思い込むことは、単なる独りよがりです。

「迷惑をかけないように」と頑張り続けていくと、最終的には周囲に迷惑がかかってしまうことにつながります。

頑張らなくてもいいのです。

幸せに生きるためには、やれることだけをやって、出来たところだけを誇ればそれでいいのです。

3.すぐに行動する

苦労の先に幸せがあるなんて思っていると、そのうち人生が終わってしまいます。

幸せを先延ばしにすることは、いつまでも幸せにはなれない人生を創ってしまうだけです。

目の前にあることを楽しみ、好きなことをやって、全てに幸せを感じながら生きれば、何をやってもどこへ行っても幸せです。

本当は、不幸と幸福の形があるのではなく、何がどうなろうと幸せであることに気付けるかどうかです。

そのためには、とにかく思いついたらすぐに行動すること。

好きなことをやって、行きたいところへ行って、やりたいことをやる。

たったこれだけで、人生は見違えるほどに幸せなものになります。

我慢や忍耐は、ただ物質的、金銭的に豊かになるために、言い伝えられる偽物の幸福論です。

大切なことは、自分の心がいつも満たされていること。

それだけを積み重ねていけば、人生が終わる最後の瞬間まで、幸せでいられるはずです。

幸せは目の前にある

何がどうなったら幸せなのか?

そのこといつも自問自答してみて下さい。

仮にそれが達成されたとしたら、その後の人生はずっと幸せなものになるでしょうか?

今ある幸せを感じられない人は、何かを得たとしても、また次の何かを追いかけ始めます。

ないものばかりと見ていると、永遠に満たされることはなく、ずっと不足を感じて生きて行くことになります。

幸せは既にあるのです。

どんな小さなものでも、日常生活の中にある幸せを見つけ出して下さい。

それが、本当の幸せな生き方というものなのです。

一見当たり前のように見えるものが、とても大切な幸せのかけらです。

今この瞬間から、あるものをしっかりと見て、幸せに生きていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。



コメントを残す

*