頭の中で何かがひっくり返った瞬間

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

それは突然に起こります。

ずっとモヤモヤしていたことが、ふとした瞬間に一直線に突き抜ける。

特に何かをしたわけではないのだけれど、全てが整理されて完璧な状態へとシフトする。

思考のデフラグですね。

久々に、ステローとしての日記です。

断捨離から始まり、あらゆる方面で気づきを得ながら、なんとか毎日を生き延びています。

幸せはどこにあるのかと探していましたが、いつでもここにあることにも気づけました。

今回は、ネガティブ要素の囲まれたところから180度全てがひっくり返ったお話です。

今もし、八方塞がりでどうしようもないという方へ、何かの励みとなれば嬉しい限りです。


:heading {“level”:3} –>

四重苦どころではない状況

私ステローの現状は、会社員、マイホームローン持ち、シングルファザー、貯蓄なし、といった感じです。

もうすぐ子供の進学も控えているのに、毎月お金のことに頭を悩ませ、おまけに会社やプライベートの人間関係も全てズタズタです。

こんな状況になって、一時期は精神科へと足を運んだこともありました。

幸いなことに、私は「病気を着地点にしてはいけない」ということだけは心の刻んでいたために、薬とカウンセリングだけで立ち直り、通院はしませんでした。

きちんとした受診をすれば、かなり複数の病名がつけられていたでしょうが、そういったことに逃げたくなかったので、答えは聞きませんでした。

それに、私が病気と認めてしまえば、働けなくなり、子供と共に生きて行くことができなくなるので、嫌でも働くしかなかったというのもありました。

当時は本当に苦しくて、命のやりとりを真剣に考えるほどに悩まされました。

それでも私は生きている

それから、なんとかお金の工面をして、今も私は生きていますし、こうしてブログも書き続けています。

心の病から立ち直りはしましたが、現実は何一つ変わることなく、私はこのまま苦し人生を生き続けるのだな、と諦めながら生きています。

自信なんてものはかなり昔に崩壊してしまい、もうどうにもできない状況で自分が嫌になるばかりでした。

これまでの行いを悔いて、未来を不安に思う気持ちは何をやっても払拭できないものです。

しかし、ある時にふと気が付いたのです。

「いや待てよ?」

「世間から見れば四重苦どころではない状況になってもう何年経過してる?」

「ずっと何不自由なく俺は生きてるぞ?」

「これってすごくない?」

「オレってすごくない?」

この数年を振り返ると、苦しいことばかりではなく、楽しいことも沢山ありました。

女遊びもしましたし、旅に出たりもしました。

まとまったお金を散財して落ち込んだこともありました。

仕事に真面目に取り組んでいたこともありますし、反抗してトラブルを起こしたこともあります。

それでも、子供と楽しく笑っている日々は変わらず続いていますし、今もこうして生きています。

もしかしたら、不幸で苦しいと思い込んでいたのはただ私がそう思っていただけなのかもしれない。

これほどに破天荒で、誰にも真似のできない人生を歩んでいることは、幸せなことなのかもしれない。

そう思える瞬間が突然やってきました。

全てが正解になっていく

どれだけ苦しい状況でも、辛いことがあっても、後になれば全てが正解になり、楽しかった思い出となっていきます。

不幸だと思っていたのは、私が勝手に幸せの形を決めて、そうでないと不幸だと決めつけていたからでしょう。

幸せとは、何かを得たり達成したりして手に入れるものではなくて、何気ない日常の中にあるものです。

もう何も手に入れなくても、目指さなくてもいいと考えると、私の心はとても楽になりました。

幸せの形を高く設定していたのは、私自身。

今が苦しくても、必ずどこかへとつながっていく。

今はそう確信できるからこそ、不安は小さくなりました。

私は何も間違ってはいなかったし、最初から全てここにあったのです。

自分の人生が不幸だなんて、そんなふうに思うのはもうやめました。

毎日目が覚めて、蛇口をひねれば水が出て、ごはんを食べることができて、子供が笑っている。

それだけで、私は幸せです。

今日も私は生かされ、ブログを書かせていただいています。

最後までお付き合いいただき、本当にありがとうございました。

あなたの人生が、幸せなものになることを祈っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。



コメントを残す

*