何事も上手くいくようになるシンプルな生き方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

何をやっても上手くいかない。

ずっと自分は不幸なままだ。

そう思ってしまう時もありますが、いくらでも人生は変えられます。

シンプルになり、単純な生き方を選ぶだけで、世界は見違えるものを見せてくれます。

全てが上手くいく生き方は、とても簡単なものなのです。

どうにかしようとしない

不幸を抜け出したい。

何とかしなければ。

まずはそれをやめることです。

自分次第で人生は変わるものであっても、自分でどうにかすればいいということではありません。

ほとんどのことはどうにもできないことばかりで、力で逆らっていこうとすればするほど、人は不幸になるものなのです。

自分で力をつけて、生きていくのが人生だと思っているうちは、不幸から抜け出せないでしょう。

幼少期の教育や、社会の指導が人を惑わせ、生きる力をつけるべきだと洗脳してきます。

しかし、その道を行けば行くほど狭く険しい道を行くことになり、不幸な人生を生きることになるのです。

どうにかしようと考えるのは、ただの傲りです。

無知で無力であることを認めてから、本当の人生は始まります。

目標や計画はなくていい

上手くいく方法を考え、そのための目標や計画を立てたりもするでしょう。

しかし、その形にばかりこだわってしまうと、本当の人生は生きられなくなります。

「そうでなければいけない」

「こうあるべきだ」

それは、親や先生、社会が植え付けたものであっても、最終的には自分で自分に言い聞かせている言葉です。

自分を縛っているのは、自分なのです。

目標なんてあってもなくてもいい。

計画を立てて上手くいかなくてもどうでもいい。

変わってもいいし変わらなくてもいい。

先に決めてしまうことは、全て漠然としたものだけで十分で、その通りになってもならなくてもいいのが事実です。

自分の理想通りになることだけが正しいことだと思い込むと、それは全て自分の思い通りにコントロールする、支配することができないと落胆するという意味です。

どれだけ緻密な計画を立てても、明確な目標を作っても、上手くいかない時には上手くいきません。

逆に、そんなものは決めていなくても、上手くいく時は上手くいくものです。

大切なのは全ての流れ

人生が上手くいくかどうかを決めているのは、全体の流れです。

何をやっても上手くいかないのは、流れをいつもどこかで滞らせてしまったり、自分の思い通りに変えようとするからです。

どこをどう進んだとしても、全ては流れで決まっていることなので、逆らわずに力を入れない、手を加えないことです。

上手くいく時には上手くいく。

上手くいかない時には上手くいかない。

それでも、その上手くいかなかった出来事すらも、上手くいっている大きな流れの途中です。

山から流れる川をイメージして下さい。

高い所から低いところへと流れ、山にぶつかりいくつかに分かれ、小さな谷へと流れていく。

その先で、再び同じ谷へと流れ込んでひとつの川として戻ることもあれば、全く違った方向へと枝分かれしていくこともある。

それでも、最終的には大きな海へと流れ出るのです。

つまり、何がどうであろうと、それはただの途中経過でしかなく、行き着く先は同じところなのです。

だからこそ、もう流れを変えようとしたり、逆らったり、進もうとしなくていいのです。

力を抜いて、ただ流されていけば、勝手にどこかへ流れついていくのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。



コメントを残す

*