目標や計画があなたのストレスとなる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

小さなストレスも、積み重なると大きな負担となっていきます。

いくら他のことをやっても、ストレスが解消されないのなら、力が入りすぎているか、真面目になりすぎているのかもしれません。

何が自分にとってのストレスとなっているのかがわからないのであれば、まずは何かをやめてみることです。

本当にやらなければいけないことは、意外にも少ないもので、やめてみると楽になることは多々あるものです。

目標や計画は曖昧なほうがいい

緻密な計画を立てたり、絶対に達成すべき目標を立ててしまうと、確実にそれが自分のストレスとなります。

物事は計画通りにいかないのが当たり前で、目標はあくまでただの目標。

その通りにならなければ気が済まないようでは、いつまでも苦しみ続けることになります。

これから先のことは、曖昧にしておくことによって、どちらに転んでもストレスを感じない心を持つことができます。

その通りに進むことが正解で、上手くいかないことが不正解と考えてしまうから、追いつめられる感覚から抜け出せなくなるのです。

何事も、曖昧にしておいたほうが、気持ちは楽になれるものです。

どちらでも同じ

上手くいってもいかなくても、その通りにやってもやらなくても、どちらも同じです。

結果として何を学び取るのかだけですので、何がどうなったとしても同じことなのです。

それをしてもしなくても同じなのですから、自分の楽なほうを選択すればいいのです。

それが、どちらかが正解だと思ってしまうから、ストレスを感じてしまうのです。

他人の意見などは取り入れる必要はありません。

自分の決めたものが、正解です。

何も考えずに進めばいい

目標や計画は、ある程度の見通しを立てるためのものであって、その通りにしなければいけないものではありません。

流れるようにスムーズに進むためには、何も考えずにただ目の前にあることをこなしていけばいいのです。

目標はただ思い描くだけ、計画はなんとなくの感じをつかむだけ。

実際のところはそんなものです。

やりたくないことはやらず、やりたいことだけをやり、楽に進める道を進んだほうが、物事は上手くいくものです。

ストレスの原因は、自分自身の中にある「しなければいけない」という気持ちでしかありません。

全て、なんとなくて大丈夫ですので、曖昧に、適当に考えてやっていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。



コメントを残す

*