全部適当でいい!肩の力を抜いて楽しもう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

流れが悪いとき、上手くいかないとき、楽しくないとき。

そういった時には、力が入りすぎているのかもしれません。

完璧にやろうと思って、頑張ってしまうと、その分の跳ね返りは大きくなります。

人がこなせることには限りがあり、何もかもやろうとしてもそれは無理なことです。

適当にやってみることで、何かが変わってくるかもしれませんよ。

<–Ads2–>

肩の力を抜いていく

力が入ると、戻ることにまたひと苦労します。

振り子の反動が大きくなってしまうと、真ん中に戻るまでに時間がかかります。

力を抜いて、適当にやっていくというのは、その真ん中をできるだけフラットな状態でこなすということ。

前へ出るでもなく、後ろへ下がるでもなく、上に伸びすぎることもなく、下に下がり過ぎない。

真ん中をすんなりと進むには、力を抜くことです。

<–Ads3–>

適当はベストマッチ

何事にも、すんなり進めるポイントがあるもので、そこを進めば力はいらなくなります。

それが、真ん中であって、物事のベストマッチとなる適当というものなのです。

無理矢理こじあけようとしても、それは破壊的行為でしかありません。

少しずつ進みながら、どこが進みやすいのかを感じながら、適当にやっていくのです。

焦ることなく、力を入れることなく、適当がベストマッチであることを感じながら、毎日を過ごしてみましょう。

<–Ads4–>

人の所業はたかが知れている

人間は、自然界の一部として生存しています。

また、宇宙の広さを考えれば、いくら頑張ったところで何も変わりはしないのです。

人一人の力などたいしたことはないものなので、頑張って力んでも仕方がありません。

また、エネルギーを消耗してしまうことで、回復にも時間がかかります。

人ができることには限りがあるものなので、必要以上に力を出さないこと。

出来る範囲内で、やれることだけやっていればいいのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。



コメントを残す

*