人生で大切なことは正しさではなく楽しさ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

人生がつまらない。

何をやっても面白さを感じない。

自分のやりたいことがわからない。

そういった気持ちになってしまうのは、一体どうしてなのでしょうか?

生まれた環境や、持っているものは人それぞれ違います。

しかし、それらは全て天から与えられたもので、それをどう使っていくのかによって、人生は決まります。

どのような生き方を望むのかは、あなたが決めること。

楽しい人生、幸せな人生にできるかどうかは、全てあなたにかかっています。

正しさなんてどうでもいい

生きていても何も楽しいことがないと感じるのなら、それは正しさばかりを追い求めてきたからかもしれません。

答えがどこかにあるはずだと思い、外側の世界にばかり気をとられているのではないでしょうか。

何を感じ、どのように過ごすのかは、全て自分の心が決めています。

正しさは、秩序やルールを守るために必要な場合があるのは確かですが、そればかりに縛られてしまうと、何も楽しくはなくなってしまうでしょう。

これまでの人生で、楽しかったことと、楽しくはなかったこと。

それらをひとつひとつ思い出して下さい。

他人の行動や言動、あなたの心が全てその答えを示しています。

正解を探していくと、楽しくなくなっていくものなのです。

楽しいかどうかが大切なこと

人それぞれ、楽しさや好きなことは違います。

それは当然のことであって、正しさが楽しいと感じる人ももちろんいます。

しかし、人が人として生きて行く以上は、楽しさなしでは生きられません。

正論を言って楽しいか、正論を言われて楽しいか。

そのことをよく考えて行けば、どうすればいいのかはおのずと見えてくるはずです。

人生はもっと楽しいものでなければいけません。

正しさなんてどうでもいいのですから、自分の楽しさだけを追い求めて生きて行きましょう。

好きなように生きよう

人生が楽しくないのなら、楽しいことをすればいい。

それだけのことです。

心から笑顔になれる瞬間を、どれだけ多く作れるのか。

それが、天から与えられた最終試練です。

この世の中は確実に負平等な世界です。

しかし、それは世間の価値観で物事を測った場合の話。

あなたが好きなように生きて、みんなも好きなように生きる。

本来はそれでいいはずなのに、社会はなぜか正しさを守り続けようとします。

あるものをどう使うのか。

人生は時間であり、時間は命そのもの。

持っている貴重な時間を、あなたがどう使っていくのかだけです。

他人の目を気にしたり、過去の失敗を悔やんだり、未来に不安を抱いたりすることは、無駄でしかありません。

もっともっと、好きなように生きていきましょう。

子供の頃を思い出そう

人は、長く生きれば生きるほど、生き辛さを感じます。

知れば知るほどに無知を知って、やればやるほどに無力さを知ります。

今以上に強くなることはできないし、あなたはそれ以上でもそれ以下でもなく、他の何者にもなれず、あなたはあなたでしかありません。

子供の頃を思い出しましょう。

何も考えてはいなかったあの頃。

好きなことは疲れ果てるまでいくらでもやれた。

嫌なことからはとことん逃げていた。

そこに全ての答えは詰まっています。

くだらない知識を力を身につけ、どんどん弱くなっていくだけです。

大切なのはあなたの心。

心躍るあの瞬間を思い出し、それだけを大切にして生きていきましょう。

人生で最も大切なものは、目を輝かせてトキメクあの気持ちだけです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。



コメントを残す

*