改善策が見いだせずにどうしようもない時にやること!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

失敗を経て、何かの改善策を見出さなければいけない。

しかし、いくら考えても悩んでも、どうしてもいい策が見つからない。

そういった場合には一体どうすればいいのでしょうか。

八方塞がりの状態で、何をやればいいのでしょうか。

今もし、そういった状況にあるのであれば、解決のヒントとして下さい。

ありのままを受け入れる

何かの策を講じなければいけない。

それは正しいように思えても、現実を受け入れきれていないからです。

それはもう仕方のないことで、そういうこと。

打つ手がない、八方塞がり、どうにもできない。

それが答えです。

どうしようもないことが起こってしまった場合、どうしようもないのです。

改善策は、何かをすることではなく、何もしないこと。

ただ、次は気を付けなければいけないと意識するしかないのです。

ひたすら目の前のことをやる

その失敗についていつまでも考えていることは、時間とエネルギーの無駄です。

それに対して、やれることがないのなら、それはそれでもうおいておきましょう。

そして、やっていくべきことは、今できること、目の前に出されている課題に取り組むことだけです。

それをひたすらこなしていれば、不思議といつの間にか解決しているものです。

どうにかしようと思うほどに問題は複雑になっていき、別のことに取り組むことで時間が解決してくれるもの。

失敗して咎められたとしても、躍起になって対応しようとはしなくていいのです。

それをやればやるほど物事はおかしな方向へと進むので、放っておくことです。

あとは待つだけ

「人事を尽くして天命を待つ」という言葉があるように、やるべきことをしっかりとやって、あとは待つだけです。

どうにかしようとか、何かを変えようとすると、さらに問題は降りかかり、やることは無限に増え続けます。

自分にできることをやって、待っていれば、そのうちいい知らせが舞い込みます。

「果報は寝て待て」という言葉もあるように、自然な流れで解決されるのを待ちましょう。

ただ、「そういうことが起こった」という現実だけを受け入れて、やるべきことに再び戻り、それを取り組みながら待っていれば、必ず上手くいくようになっていきます。

自分のペースを守ろう

トラブルが発生して、何かの対策が必要だと言われれば、そんな気がしてしまうもの。

しかし、実際には何もする必要はないのです。

それはそれですし、これから同じことが起こるかもしれないし、怒らないかもしれない。

それは誰にもわかりません。

何があったとしても、自分のやることには変わりはないはずで、そのペースを乱さなければいいのです。

目の前のことをひとつずつこなし、それをただ繰り返していくだけ。

そだれけに集中していれば、何も問題は起こらずに、問題は問題ではないことに気づくでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。



コメントを残す

*