それはどっちでも同じこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

人生の真理は、どっちでも同じで、どうでもいいということ。

生きている間に、どれだけのことが出来るのかは、生き方次第です。

悩んだり、考えたりすることもあるでしょう。

しかし、最終的な答えは、どっちでも同じですし、どうでもいいことです。

幸せに生きるためには

流れに沿って生きるのが、人の生きる道。

人生では、川下りだと想像してみて下さい。

二手に分かれる流れの、どちらが正解だと思いますか?

また、それを考えたところで何かが変わりますか?

船に乗っているとすれば、どちらに流れていくと思いますか?

また、最終的にどこに辿り着くと思いますか?

そういうことなのです。

悩んでいるだけ時間の無駄で、どうせなら流れに身を任せて、これから見える景色を楽しみにしていたほうが、ずっと幸せに生きることができるというものです。

自分で泳いでいるのではない

若いうちは、自分の力でなんとかしていると思いがちです。

しかし、本当は全て周囲の人たちの助けがあってこそであり、大自然の力によって生かされているからこそ、今があるのです。

自分の力だけで泳いでいると思っているのは、大きな勘違いなのです。

全ては、流れにのっていただけで、水があるから浮くことができ、流れがあるから進んでいただけなのです。

それに気づくことができれば、何もしなくても大丈夫だと理解できるはずです。

流れに沿って生きるということは、肩の力を抜いて流されていくことなのです。

最終的な結論

人生は選択の連続だなんて言いますが、実はどちらを選んでも同じなのです。

また、選んでも選ばなくても同じです。

何もしなくても、勝手にそうなっていくだけですので、自ら何かを選んだり、動いたりする必要はないのです。

自然な流れに身を任せていれば、何もかも上手くいくようになります。

何も怖いことはありません。

どの方向へ進んだとしても、行き着く先は同じです。

だったらいっそのこと、全てを諦めて、楽に生きてしまえばいいのです。

なるようになるし、なるようにしかならないので、何もせずに流れに身を任せてしまいましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。



コメントを残す

*