維持するべきはフラットラインでニュートラルなポジション

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

自分が何をするのか、どのように在るのかによって、取り囲む世界の動きは変わります。

環境や他人の影響で、現状があるのではありません。

全ては、自分自身がどういった生き方をしているのかだけです。

理想や期待、目標などは捨て去り、常にゼロであることを意識しましょう。

今、何をやっても上手くいかずに、悩んでいるのだとしたら、立ち止まる時なのかもしれません。

何をやっても同じこと

どれだけ頑張ってみても、上手くいかない時には上手くいきません。

張り合って、立ち向かってみるのもいいでしょう。

力尽きるまで、精いっぱいやってみて下さい。

上手くいかずに、何度もはじき返され、引き戻されるはずです。

それが答えなのです。

誰もが同じ試練をクリアしなければならず、何をどうやっても、それをしなければ進めなくなっています。

逃げたいのであれば逃げればいいでしょう。

その中でも、ひとつでもクリアしていかなければ、やることはどんどん山積みとなっていきます。

上手くいかない時には、今はそれをやるべきではないということなのです。

頑張っても意味がない

この世界は、全てが等価交換になっていて、いくら頑張っても同じことです。

追いかけるほど逃げられるもので、追うから何かに追われます。

手を伸ばして欲しがり、獲得しようとするから、盗まれて失ってしまうのです。

いくら先取りをしようとしても、必ずそれは出て行きます。

人の力、エネルギーは決まっていて、欲張って得てもそれに見合ったものが出て行くだけ。

頑張ってやったとしても、その分の力を回復するために休まなければいけないので、同じことなのです。

毎日リセットする

一か月、一週間、一日くらいの単位で、リセットをかけることを意識していないと、いつも時間がつながっているような感覚になり、それがやがて自分を苦しめていきます。

今日と昨日は違う日であって、出会う人たちもまた生まれ変わっています。

毎日が違う一日であって、あるのは今という瞬間だけです。

今日を全力以上で頑張ってしまうと、明日は頑張る力がなくなってしまいます。

自分に鞭を打って、一年、三年と頑張り続けると、同じくらいの期間は引きこもりになるかもしれません。

人間は、自然の中で生きている以上は、均衡を保とうとして、振り子のように動きながら、真ん中に戻ろうとします。

そのふり幅が大きくなってしまうと、糸が切れてしまったりするのです。

そうならないためにも、リセットは毎日かけるべきです。

できることなら、毎秒でもいいのかもしれません。

今とここだけに集中する

終わったことはすぐに忘れ、先のことなど考えなくてもいい。

今、目の前で起こっていることだけに集中し、そこで最善の手を尽くしましょう。

思考をシンプルに、単純にして、今に関係のないことは考えないこと。

どうだったか、どうなるのかをいくら考えても意味がありません。

どうするのか、どうあるべきかだけを考え、すぐに行動にうつしましょう。

ただ、それを繰り返しているだけで、素晴らしい世界へと導かれます。

常にフラットで、ニュートラルな位置を忘れないこと。

どちらかに傾いたり、波風を立たせると、それは必ず自分へと跳ね返ってきます。

今という点を見つめ、どうでもいいことにはこだわらず、目の前のことをやりながら、楽しく生きていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。



コメントを残す

*