幸せになりたい人はこの3つをやめてみよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

幸せな人生は、あなたが創造することができます。

幸せな世界がどこかにあるのではなく、あなたが幸せな世界を広げればいいだけ。

上手くいかずに幸せを感じられないのであれば、それは何かが間違っているということ。

今やっていることはやめるべきこと。

向かっている方向へは進めないということです。

幸せな世界は、何かを始めるのことではなく、何かをやめることによって広がっていきます。

幸せになるためにやめるべきこと

あなたは、今この瞬間からでも幸せになることが出来ます。

諦めて、やめてしまうことによって、幸せな世界は必ず広がります。

幸せのためにやめるべきことを3つ紹介しますので、思い当たることがあれば、やめてしまいましょう。

1.頑張ること

ストレスを感じながら、苦行の先に幸せがあると信じて頑張っているのなら、それは今すぐやめるべきです。

苦しいことに耐えた先に、楽しい世界が待っているという思想は、終わりのない道のりです。

何かを達成することは、素晴らしいことではありますが、その次は一体どうするのでしょうか?

頑張って生きることは、とても不幸な生き方です。

何が大切なことで、どんな人生を描きたいのか、もう一度思い出しましょう。

頑張るのはやめてしまって大丈夫です。

出来ることだけをやって、出来ないことはやらない。

もう頑張らなくてもいいのです。

2.違う何かになろうとすること

何かを目指したり、自分を変えようとすることは、苦しい道のりを歩くことになります。

今ある姿が完成されたものであって、それ以上でもそれ以下でもありません。

違う何かになろうとして、仮になれたとしても、人はまた違う何かになろうとし始めます。

それをやめることができるのは、自分自身です。

自信がなかったり、誰かを羨んだりすることによって、つい変わろうとしてしまいがちですが、やればやるほど、辛く悲しい気持ちになっていくはずです。

何かになろうとしなくても、今のままで十分に愛されている存在ですので、もう変わろうとすることはやめましょう。

3.考え、悩むこと

人生は有限で、今こうしている間にも、終わりの時へと近づいています。

人生は時間で出来ていて、時間は命そのものです。

未来のことを不安に思ったり、過去を悔やんだり。

他人の気持ちを察したり、上手くいく方法を考えたり。

それを考えているうちに、時間はどんどん経過していきます。

いつ人生が終わるのかわからないこの世界で、考えたり悩んだりしている暇はないはずです。

自分の外側の世界は、コントロールすることはできませんし、未来や過去は変えることができません。

あるのは、今という瞬間とここという場所だけ。

何も考える必要はありません。

今、目の前で起こっている現実だけを見て、最良の選択をすることだけが、人生を幸せなものにしてくれます。

最後に

幸せは、既にあなたが持っています。

何かを変えようとしたり、どこかに探すのではありません。

幸せとは、ただ「感じる」ことだけです。

どんな状況であっても、そこにある幸せを感じること。

その小さな幸せを拾い上げて、その時その瞬間をしっかりと楽しむこと。

正しさよりも、楽しさを大切にして下さい。

我慢をするよりも、目の前の幸せを感じて下さい。

頑張らなくても、既に愛されていることを知って下さい。

手に入れなくても、全てあることに気づいて下さい。

あなたは既に幸せなはずです。

輝く世界への道は、あなたのすぐ目の前にあります。

それに気づくことができれば、あなたはもう大丈夫。

この記事へと辿り着き、ここまで読み進めて頂き、本当に感謝しています。

それもまた、神の導きであって、あなたの日頃の行いが引き寄せたもの。

これからも、辛く苦しいことがあるかもしれませんが、それを感じられることも、生きているという幸せを実感するためのもの。

あなたの人生が素晴らしいものになり、毎日を笑顔で過ごせることを祈っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。



コメントを残す

*