今の自分にできることをやっていく!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

人の苦しみは、理想と現実んギャップから生み出されます。

「そんなはずはない」

「もっとこうあるべきだ」

自分自身が向上するためには、そういった気持ちは必要なものです。

しかし、その気持ちが強すぎると、とても危険です。

今の自分を認められず、現実を見ないことによって、悩みや苦しみが生み出されるのです。

他人を支配しようとしてはいけない

理想や期待が強くなってしまうと、無意識のうちに他人を支配する行動をとってしまいます。

「普通はこうでしょ」

「これが当たり前」

そういった言葉を使ってしまった経験は誰しもあると思いますが、それは知らないうちに他人を傷つけてしまっています。

自分の中での常識は、他人とは違う物で、その逆も同じことです。

自分は自分。

他人は他人であること。

他人同士で触れ合うことによって、価値観が均されていく、影響を受けることはあったとしても、押し付けは傷つける行為です。

自分を受け入れ、他人を受け入れることによって、互いに支配から抜け出すことができ、傷つけ合うことはなくなり、心は楽になります。

自分は無力だと知る

人一人が出来ることには限りがあります。

自分が出来ないことは、他人の力を借りて、他人が出来ない事でも、自分にできるなら力を貸してあげる。

そうやって、人々は共存し合っています。

自分は出来ると思うことは、他人は出来ていないということと同じ意味になり、その傲りが他人を傷つけてしまい、結果的には自分も傷つくことになるのです。

自分は無力で、何も出来ないのだと認めると、他人への尊敬の念も生み出されるのです。

出来ることをやっていく

理想や夢を抱くことは大切ですが、出来もしないことに何度も挑戦するだけでは、いつまで経っても同じことの繰り返しです。

今、この瞬間から、自分にできることをやっていき、それを積み重ねていけばそれでいいのです。

それだけを繰り返していれば、理想の世界、思い描いた夢は向こうから来ます。

何でもいいので、今の自分にできることを思いつく限りやればそれでいいのです。

他人がどう思うのかや、それで正解かどうかは考える必要はありません。

出来ることの中から、最善のものを選んで、やっていけば何も問題はありません。

人生は有限である

人生は時間で出来ていて、時間は命そのもの。

その限られた命、時間を自分がどう使うのかを自問自答してみましょう。

人のために尽くすのもいいし、自分が楽しいことを追いかけるのもいい。

どのように生きて、どのような人生を送り、最後の瞬間にどんな表情で終えたいのか。

それを意識して、始めて今という瞬間に生きることが出来ます。

この今という刹那の瞬間の次には、自分の命はないかもしれません。

楽をするのか、苦しい道を行くのか、笑って生きるのか。

どんな人生でも、自分で選ぶことが出来ます。

幸せな人生にするために、今出来ることを全力でやりましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。



コメントを残す

*