何も考えないほうが楽に生きていける!シンプルになろう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ネガティブになったり、嫌なことばかりが目に付いてしまうのは、頭で深く考えすぎているからかもしれません。

人間は、思考の癖がついてしまうと、つい考え事をしてしまいます。

しかし、考えても現実は何も変わることはありませんし、80%くらいは妄想です。

考えすぎると上手くいかないものですし、上手くいく時には何も考えてはいません。

思考を停止させて、楽に生きていきましょう。

考えるのをやめる

上手くいく方法をつい考えがちですが、それに頼って生きてしまうと、フットワークは重くなりますし、上手くいかなかった時の落胆も大きくなります。

また、皮肉なもので、上手くいかせようと考えている時には、決まって上手くいかなくなっていきます。

考えるということは、躊躇するということですので、その迷いが失敗を生み出すのです。

思いついたことをすぐに行動に移すほうが、物事は上手くいったりするものなのです。

考えることをやめて、直感を頼りに行動することによって、毎日は楽しくなっていきます。

他人の意見に従う必要はない

いつでも行動の基準とするのは、自分の心だけで十分です。

余計なアドバイスや、指摘をしてくる人たちもいますが、そういった意見は聞き流す程度にして、言う通りにはしないようにしましょう。

他人の意見は聞きはしても、完全に従うようなことはしなくてもいいのです。

考えることなく、思いついたことをどんどん行動に移していきましょう。

考えないようにする訓練

思考は、妄想へと発展していき、行動を制限してしまいます。

未来で何が起こるのかは誰にもわからず、何が正解なのかもわかりません。

考えることが、悩みや不安を生み出すのであれば、考えない訓練をしていけば、心は楽になるのかもしれません。

考えないようにするためにやるべきことは、目の前のことに集中することです。

どんな小さなこと、くだらないことでもいいので、ひとつのことに集中する訓練をすれば、何も考えないということに慣れることができます。

トラブルを起こさないように

何も考えずに生きることは、時に人間関係でのトラブルに発展することがあります。

そういった場合は、悪かったと思えるところはしっかりと反省して、後に引きずらないこと。

そして、覚えておくべきことは、集中するべきところを見直すということ。

対人関係で、何も考えずに目の前のことに集中するということは、相手を喜ばせる、笑わせることだけです。

トラブルが起こってしまう場合、誰かが悲しい思いをしているということ。

相手が嫌がることをしているということ。

この単純なことに気づけなければ、問題が起こってしまいます。

正しいこととは、ルールや常識だけで決めるものではなく、目の前の人が喜んでいるか、悲しんでいないかということだけです。

トラブルを避けたいのであれば、嫌がることを避けて、喜ぶことをするということだけに集中しましょう。

何も考える必要はありません。

目の前の人を喜ばせましょう。

シンプルになろう!

「こうしたほうがいい」

「こうするべきだ」

「これがうまくいく」

先人たちが、沢山の情報を投げかけてきますが、それらはみなその人の成功パターンの結果を話しているだけ。

それは、自分にピッタリはまるものではないのです。

アドバイスが思考の邪魔をし、考えてしまう原因となります。

情報は、取り入れても無視して構いません。

何も考えずに、自分がいいと思った行動をとるだけです。

シンプルに、単純になることで、どんどん行動はできるようになり、悩みというものはなくなっていきます。

好きなこと、得意なことだけをやって、自分が信じたい物を信じ、信じている道を真っ直ぐに進むこと。

ものすごくシンプルで、心を楽にできる生き方です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。



コメントを残す

*