減らす暮らしから生み出されていくもの

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

物を減らし、行動を減らすことによって、増えるものは確実にあります。

行きたかった場所。

やりたかったこと。

なりたかった自分。

本当の自分に出会うためには、シンプルになることです。


捨てて、減らすことによって、そこから確実に何かが生み出されます。

全ては最初からあったこと。

武装していただけで何も変わってはいなかったこと。

ありのままの自分で生きることは、簡単なことなのかもしれません。

大切なことを見失わないために

なんのためにそれが必要なのか。

一体何を追い求めているのか。

自分が認められたいためだけに、時間を惜しんで努力を重ね、人のためだと言いながらも、頑張っている自分に酔いしれる。

そういった時間を積み重ねているうちに、大切なことを見失ってしまってはいないだろうか。

何のために働き、なんのために生きているのか。

そんなにそれは大事なことで、沢山持っている必要があるのだろうか。

大切なことは、いつも最初からここにあるはず。

手段が目的となる人生にならないよう、後悔しない生き方をしなければいけないのではないでしょうか。

全ては限りあるもの

人生は時間でできていて、時間は命そのもの。

幸せを先延ばしにし、わざわざ苦行を重ねていく。

そんなことをやっているうちに、人生はあっという間に終わってしまうのではないでしょうか。

明日目が覚めるとは限らない。

今日、その道を曲がった先で命を落とすかもしれない。

一時間後に、全てが終わるかもしれない。

そのことに知って、始めて今という瞬間に生きることができ、全てに感謝することができる。

限りある命をどう使うのか。

それは、私利私欲に任せて生きることではなく、いかに精いっぱい生き切るかということ。

残された時間は、今この瞬間もカウントダウンされている。

そのことをしっかりと心に刻み、今を生きなければいけない。

心のまま、流れるまま

素直であることは、何も悪いことではないはず。

勉強しなければいけない、しっかり働いて稼がなければいけない。

そう思って、努力することは素晴らしいことだ。

ただ、それが誰かに植え付けられている価値観であるのなら、それは生き甲斐とはならないし、心で生きることなく、流れに逆らうことにもなる。

何のためにやるのか。

どうしてそれが必要なのか。

心のままに生きて、流れるように生きることは、本当はとてもシンプルなこと。

人は一人で生き、一人でその生涯を終えていく。

他人の価値観に流されているほど、暇ではないはずだ。

心に従って生きることが、本当の自由な人生なのだ。

シンプルに生きよう

他者から植え付けられる価値観は、決まって恐怖を与えてくるものだ。

しかし、そんなことは起こらないし、恐怖を原動力にした生き方は、どこまでも満足のいかない、幸せの感じられない生き方だ。

待っているのは、いつでも明るい未来で、笑顔の溢れる幸せな世界。

失った物、ないもの、劣っているもの、苦手なものを見て、補おうとする生き方やめるべきだ。

得た物、あるもの、得意なもの、好きなものだけを見て、それを大切にして生きればいい。

人生はシンプルなもので、もっと単純に生きていけるもの。

洗脳に染まり、情報弱者となってありもしない幻想を追いかけて、虚しさを感じながら生涯を終える人は沢山いる。

頑張る必要なんてない。

やれることをやって、できもしないことはやらなくてもいい。

好きなこと、楽しいことだけをやっていればそれでいいのだ。

武装しても何も変わりはしない。

私は私。

あなたはあなた。

生まれてから死ぬまで、何ひとつ変わることなどない。

肉体が形成され、やがて滅びていく。

ただそれだけなのだ。

もっとシンプルに、単純になろう。

目が覚めて、ごはんを食べて、働いて、寝て。

また目が覚める。

それ以外には、何も必要はないのだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。



コメントを残す

*