「シンプル」と「ロハス」のライフスタイルの共通点5つ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

断捨離は、徐々に世界へも広がっているようです。

また、一通り削ぎ落としてしまってからは、シンプルなライフスタイルとなっていきます。

アメリカ発祥のロハス(LOHAS)というスタイルもありますが、別の場所で生まれたスタイルですが、シンプルライフととても似ています。

必要最低限のものだけで暮らすミニマリストが送るシンプルライフ。

エコでヘルシーな暮らしを表現するロハス。

それぞれのライフスタイルには、いくつか共通するものが見つかります。

シンプルとロハスのライフスタイルの共通点

日本では、シンプルライフは断捨離や整理整頓とともに浸透しつつあります。

一方、アメリカから「ロハス」という言葉が生まれ、そのライフスタイルが注目されつつあります。

これらのライフスタイルには、いくつかの共通点があり、そこから自らが生きるヒントを見つけだしましょう。

1.沢山のものを持たない

沢山のものを持たず、必要最低限のものだけで暮らすことが、豊かさをもたらすことを知っています。

シンプルであることは、同時にエコであって健康であること。

もの持たないことによって、豊かさと自由な世界をライフスタイルそのもので表現しています。

生きて行くために必要なものは、多くはないことを知っているのでしょう。

2.多くを欲しがらない

多くを欲しがったり、必要以上に求めることがありません。

欲しがることよりも、生み出すこと、譲ることに喜びを覚える人生こそ、幸せだと知っているからです。

抱え込むことは、何かを失っていくことになる。

本当の自由は、シンプルであり、エコな生活から生まれます。

3.あるものを大切にする

ないものばかりを見ている生き方は、苦しい生き方です。

シンプルであること、心身ともに健康であることで、あるものの大切さに気付かされます。

外側にあるものを追いかけるのではなく、あるものを大切にすることで、豊かさを再現しているのでしょう。

4.スローに生きている

何もかもが増え続け、その速さも加速する中で、自分のペースを守ることが最も大切になってきます。

シンプルであり、エコであり、健康であることは、スローに生きること。

先を急いだとしても、転びやすくなるだけ。

小さなことを積み重ねていく生き方は、自然とスローライフへとつながっていくのでしょう。

5.いつも笑顔で生きている

シンプルでエコな生活は、心のゆとりを大切にしていくライフスタイルです。

世間で成功と呼ばれる功績を残しても、忙しくし過ぎて笑顔を失っては生きる意味もわからなくなるもの。

大切にしていることは、いつも笑顔でいること。

その笑顔を失わないためのライフスタイルを、確立させているのでしょう。

ライフスタイルは自分で創造しよう!

ライフスタイルは、どれを選ぶのも自由です。

また、無理に創り上げなくても、何気なく過ごしている毎日が、その人のライフスタイルとして出来上がっています。

何が正しくて、何が間違っているということはありません。

どれを選んだとしても、それが自分の人生です。

自分の人生は自分で創造していけるもの。

選択できる自由があることこそが、最も豊かな人生と言えます。

多くを持っていたい、まだ欲しい物がある、目指したい場所があるというのなら、それを目指すのもひとつのスタイルです。

大切なことは、情報弱者とはならないこと。

自分なりのスタイルを見出していき、自由で楽しい人生を創造していきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。



コメントを残す

*